トマト

  • トマト_img_0
    トマト @ 和代様宅
  • トマト_img_1
    トマト @ 熊本県農業研究センター
  • トマト_img_2
    トマト @ 和代様宅
  • トマト_img_3
    トマト @ 熊本県農業研究センター
  • トマト_img_4
    トマト @ 和代様宅
  • トマト_img_5
    トマト @ 自宅
  • トマト_img_6
    トマト @ 京都

基本情報

花名
トマト
英名
Tomato
学名
Solanum lycopersicum
別名
アカナス, 赤茄子, Tomato
原産地
南米ペルー
生活型
多年草

コメント

トマトとは

トマト(Tomato、学名:Solanum lycopersicum)は、南米ペルー原産で、ナス科の大型の一年/多年草です。世界中で栽培され食べられている緑黄色野菜です。アンデス山脈が発祥地でメキシコで栽培され、その後世界に広まりました。日本へは17世紀終り頃に渡来しました。日本のトマトは丸く水分の多いピンク系の生食用ですが、西洋トマト(イタリアントマト)は細長く水分が少ない料理用で、水煮にして缶詰や瓶詰めにしてトマトケチャップやトマトピューレ等の材料とされます。トマトには普通サイズの他、一口サイズのミニトマトがあります。 人気品種には、ミニトマト 'アイコ'(Mini Tomato 'Aiko')等があります。草姿の可愛らしさから観賞用として鉢植も人気です。トマトにはガンや脳血管疾患、心臓病等の生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する「リコピン」・「β-カロテン」や、美肌効果のある「ビタミンC」、老化・動脈硬化に抑制効果のある「ビタミンE」、塩分の排出に効果のある「カリウム」などの「ミネラル」、整腸作用のある「食物繊維」が含まれています。リコピンとはカロテノイドの一種でトマトが赤いのはリコピンが含まれるからです。トマトケチャップ (Tomato ketchup) はトマトから作られる調味料です。

トマトに関する詳しい情報「トマト(Tomato)【かぎけんWEB】」を併せてご参照ください。

一般名:トマト(Tomato)、学名:Solanum lycopersicum(ソラナム・リコペルシコン)、別名:アカナス(赤茄子)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナス目ナス科ナス属トマト種、原産地:南米ペルー発祥でメキシコで栽培されその後世界に広まった。日本へは17世紀に渡来。生産地:中国、他、消費地:イタリアなど地中海沿岸諸国、株高:15 cm(ミニトマト)、100~150 cm、茎色:濃緑色、葉色:濃緑色、葉形:羽状複葉、葉序:互生、葉縁:鋸歯、花序形:総状花序、花色:黄、花冠形:星形で基部が癒合、果実型:液果、果実径:3~10 cm、果実色:桃・赤・白・黄・橙・緑・黒、用途:生食、トマトジュースや、ホールトマト、トマトケチャップ (Tomato ketchup) 、 トマトジュース、トマトソース、ピザソースなどの加工品、鉢植えで観賞用、トマトのレシピ:スパゲッティナポリタン、ミートソース、ミネストローネ、ポークチャップ、カレー、ハヤシカレー、ビーフシチュー、ハンバーグ、エビチリソース。

詳細情報

ナス
ナス
ナス
トマト
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
4月5月6月7月
高さ
15 ~ 150 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ボダイジュ_img
モカラ_img
ギンヨウセンネンボク_img

ランダムな花

変化朝顔 黄南天葉白切咲牡丹_img
ハナビラタケ_img
ロウバイ_img
アガベ・パリー_img
ミズチドリ_img
アッツザクラ_img
ヒメヒオウギ_img
ヒメアレチハナガサ_img
ツバキ アマノガワ_img
クリプトステギア_img
イリマ_img
ギンリョウソウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved