アレカヤシ

  • アレカヤシ_img_0
    アレカヤシ @ かぎけん

基本情報

花名
アレカヤシ
英名
Areca palm
学名
Dypsis lutescens
別名
ヤマドリヤシ, コガネタケヤシ, Areca palm, golden cane palm, yellow palm, butterfly palm
原産地
マダガスカル
生活型
常緑小高木

コメント

アレカヤシ(Areca椰子、学名:Dypsis lutescens)は、マダガスカル原産で、ヤシ科ヤマドリヤシ属の常緑小高木です。ヤマドリヤシ(山鳥椰子)や、コガネタケヤシ(黄金竹椰子)という名前でも呼ばれます。花より葉を鑑賞する観葉植物です。 南国の木で明るい薄緑色の大きな羽状複葉が優雅で涼しさを演出します。幹や茎に黒い点々があるので判別できます。水切れすると葉が茶色く枯れるので水は小まめに上げる必要があります。夏に良く成長するので水切れ、肥料切れに注意し、カーテン越しの明るい場所で管理しましょう。

一般名:アレカヤシ(Areca椰子)、学名:Dypsis lutescens、別名:ヤマドリヤシ(山鳥椰子)、コガネタケヤシ(黄金竹椰子)、Golden cane palm、Areca palm、Yellow butterfly palm、分類名:植物界被子植物単子葉類ヤシ目ヤシ科ヤマドリヤシ属アレカヤシ種、原産地:マダガスカル、アフリカ、生息分布:熱帯雨林気候、生活型:常緑小高木、樹高:8~10 m、幹:基部で良く分枝して直立した細竹が株立ちして群生、葉形:羽状複葉、葉序:対生、葉縁:全縁、葉身:5 m、葉色:薄緑色、小葉形:細長、葉柄・葉鞘色:黄色で黒斑有り、雌雄異株、花序形:円錐花序、花色:薄黄、花冠形:卵形/楕円形、花径:0.6~0.8 cm、開花期:3月から5月(沖縄では)、種子形:卵形、種子長:2 cm、種子色:黄色→黒紫色(熟成)、種子の用途:鳥などの食料。

詳細情報

ヤシ
ヤシ
ヤマドリヤシ
アレカヤシ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
卵形/楕円形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
温室
クリーム
開花時期
3月4月5月
高さ
800 ~ 1000 [cm]
花径
0.6 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

キンモクセイ_img
クレロデンドラム・パニキュラツム・アルバ_img
テマリソウ_img
ホウオウボク_img

ランダムな花

シンゴニウム_img
ダイモンジソウ_img
レウィシア  'エリーゼ'_img
シンビジウム_img
オウゴンチュウ_img
アガパンサス_img
サンジャクバナナ_img
ナギイカダ_img
アラカシ_img
エモリ_img
ヤエドクダミ_img
シナシャクナゲ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved