かぎけん花図鑑

カボチャ

基本情報
花名
カボチャ
英名
Squash
学名
Cucurbita maxima
別名
Squash, 南瓜, Pumpkin
原産地
南北米大陸
生活型
蔓性緑黄色野菜
コメント
カボチャ(南瓜、学名:Cucurbitaカボチャ(南瓜、学名:Cucurbita maxima)はアメリカ原産で、ウリ科カボチャ属の蔓性緑黄色野菜です。 黄色又は橙色の花を咲かせ、花後、食用となる潰れた楕円型の果実が成ります。 果皮色は薄緑や濃緑、赤があり、果肉色は黄色です。 表面は生だと硬く、加熱すると軟化します。 カボチャは一年中出回り、特に野菜が不足する冬でも流通するので、 冬至にカボチャの果肉を食べれば風邪や脳卒中の予防として珍重されます。旬は夏です。 種子にはリノール酸やオレイン酸が含まれ動脈硬化の予防となり、 ミネラルや蛋白質を豊富に含むので低血圧や貧血に効果があります。カボチャの種類には、日本カボチャ(C. moschata)や、射込みナンキン、エーコンスカッシュ、 ターバンスカッシュ、デリカ、 キンシウリ(素麺南瓜)、テ-ブルクイーン、ペポカボチャ(C. pepo)、プッチィーニ(puccini)、西洋カボチャ(C. maxima)がありますが、日本で主として食用とするのは西洋南瓜です。
一般名:カボチャ(南瓜) 、学名:Cucurbita maxima 、別名:セイヨウカボチャ、パンプキン(Pumpkin)、クルジュ(Courge)、スクウォッシュ(Squash) 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ウリ目ウリ科カボチャ属、原産地:アメリカ、ツル長:5~10 m、花色:黄色、花径:8~13 cm、開花期:7~9月、果肉色:黄、皮色:薄緑・濃緑・赤、収穫期:8~10月、出回り時期:一年中、旬:夏、食用とする部分:主に果肉、用途:野菜、薬用、ハロウィン用。
詳細情報
ウリ
ウリ
カボチャ
カボチャ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
高杯形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
欠刻状
鑑賞場所
橙, 黄
開花時期
7月 8月 9月
高さ
500  ~ 1000  [cm]
花径
8  ~ 13