かぎけん花図鑑

パセリ

基本情報
花名
パセリ
英名
Parsley
学名
Petroselinum crispum
別名
和蘭芹, オランダゼリ, parsley, 巴西利, Petroselinum crispum, Plain leaved parsley
原産地
地中海沿岸
生活型
2年草
コメント
パセリ(parsley、学名:Petroselinum crispum)は、地中海沿岸原産で、セリ科ツバ属の2年草です。日本へは江戸時代に渡来しました。日本では、人工的に育種された葉が縮んだ品種「ちりめん種(縮葉種)」が一般に出回っています。晩春から夏に、花茎を伸ばして黄緑色のセリ(芹)に似た小花を咲かせます。花が付くと花へ栄養が回り、葉の生育が弱まり硬くなり、香りが弱くなってしまいます。従って、葉を食用とする場合は、花は直ぐに摘まれます。濃緑色の葉はハーブ(香味野菜)であり栄養価が高いですが、苦味が強いため料理の彩りと見做され食べ残されることが多いです。
一般名:パセリ(parsley)、学名:Petroselinum crispum、 分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱セリ目セリ科ツバ属オランダゼリ種、別名:Plain leaved parsley、オランダゼリ(和蘭芹) 、巴西利、巴西里、原産地:地中海沿岸、環境:畑、生活型:2年草、草丈:20~40 cm、 葉色:緑、葉形:茎先に枝を付け多数の葉を集合させる、開花期:5月~7月、花色:黄緑、花径:0.2 cm、花冠:セリ似、果実期:夏、寿命:2年、用途:ハーブ。
詳細情報
セリ
セリ
ツバ
オランダゼリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
2回羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
5月 6月 7月
高さ
20  ~ 40  [cm]
花径
0.2  ~ 0.2