ハツカダイコン

20日で育つ大根

  • ハツカダイコン_img_0
    ハツカダイコン @ 木場公園
  • ハツカダイコン_img_1
    ハツカダイコン @ 不明
  • ハツカダイコン_img_2
    ロングスカーレット
    ハツカダイコン @ 不明

基本情報

花名
ハツカダイコン
英名
Radish
学名
Raphanus sativus var. sativus
別名
ラディッシュ, 二十日大根, Red radish
原産地
欧州
生活型
一年草・二年草の根菜

コメント

ハツカダイコンとは

ハツカダイコン(二十日大根、学名:Raphanus sativus var. sativus )は、欧州原産で、アブラナ科ダイコン属の一年草の根菜「ダイコン(大根)」の一変種です。欧州では最も一般的な大根です。淡色野菜の大根としては最小です。英名では、Radish(ラディッシュ)と呼ばれます。小さな赤い球形の根や茎葉が食料となります。色鮮やかでサラダなどの生食やは酢の物にされます。花名は20日~40日と収穫時期が早いことに拠ります。品種にコメット('Comet')、ロングスカーレット('Long Scarlet')などがあります。

一般名:ハツカダイコン(二十日大根) 、学名:Raphanus sativus var. sativus 、別名:ラディッシュ(radish) 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱アブラナ目アブラナ科ダイコン属ダイコン種ハツカダイコン変種、原産地:ヨーロッパ 、草丈:20~100cm、葉色:薄黄緑、茎色:赤、花色:白~Red radish、薄桃色地で花弁の先端が赤紫、花弁数:4枚、開花期:5月~7月、花弁径:普通の大根の半分程度、収穫期:5月中旬~11月初旬、根の形状:球形~長楕円形、根皮色:赤・黄・白・紫・黒、根径:2cm(球形のもの)~10cm(長楕円形のもの)、食用とする部位:根・胚軸・葉、料理方法:生食・酢の物・漬物。

詳細情報

アブラナ
アブラナ
ダイコン
ダイコン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
歯状
鑑賞場所
ピンク, 白
開花時期
5月6月7月
高さ
15 ~ 20 [cm]
花径
0.6 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

サイコトリア・ペピギアナ_img
オウコチョウ_img
サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

タコノキ_img
エキウム・リコプシス_img
額紫陽花 ブルースカイ_img
シロクガイソウ_img
エクメア・ファスキアタ_img
ウメ ’カゴシマコウ’_img
ラベンダーデンタータ _img
ハイマツ_img
イスノキ_img
ハバネロ_img
フカノキ_img
ウモウケイトウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved