かぎけん花図鑑

ヒマワリ

基本情報
花名
ヒマワリ
英名
Sunflower
学名
Helianthus annuus l.
別名
Sunflower, Common Sunflower, ニチリンソウ, ヒグルマ, 向日葵
原産地
北米
生活型
一年草
コメント
ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus L.)は北米原産で、盛夏を代表する花で元気で大きな黄色い花を咲かせるキク科ヒマワリ属の一年草です。ヒマワリは長い花茎から伸びた頭状花序に舌状花と管状花から成る頭花を咲かせます。花の一番外にある黄色いヒラヒラが舌状花で、中央の黒っぽいものが管状花(筒状花)です。花は外側から内側に咲き進みます。
向日葵と言えば(向日葵に限らず普通の被写体は)、正面(表)向きの写真が多いですが、人間の首に当たる茎部が太くて逞しいヒマワリの後姿も魅力的です。
ヒマワリは、通常、背が高く巨大輪を咲かせる高性品種が多いですが、背丈が低く花径が中小輪の矮性品種など、様々な園芸品種が栽培されています。花を観賞するほか、種実を絞ってサンフラワーという植物油にしたり、種子を食べたり、生薬の原料とされます。似た花にヒメヒマワリ(姫向日葵)があります。姫向日葵はよく分枝して沢山の花を付けます。向日葵より一回り以上花径が小さく、繊細な感じの品種です。
一般名:ヒマワリ(向日葵)、学名:Helianthus annuus L.(ヘリアンサス)、別名:サンフラワー(Sunflower) 、コモン・サンフラワー(Common Sunflower)、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(火車)、分類名:植物界被子植物真正双子葉植類キク目キク科ヒマワリ属ヒマワリ種、原産地:北米,草丈:200~300 cm、葉:単葉、葉形:心臓形、葉色:緑、葉序:互生、葉縁:鋸歯有、放射相称花、花序:頭状花、花色:黄、花径:20~30 cm、開花期:7月〜9月、用途:庭植え、切り花、食用油、種子を食用、餌用に。
詳細情報
キク
キク
ヒマワリ
ヒマワリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 切り花・生け花 植物園 畑 公園
開花時期
7月 8月 9月
高さ
200  ~ 300  [cm]
花径
20  ~ 30