ミズナ

  • ミズナ_img_0
    ミズナ @ 高知県いの町
  • ミズナ_img_1
    ミズナ @ 和代様宅
  • ミズナ_img_2
    ミズナ @ 和代様宅
  • ミズナ_img_3
    ミズナ @ 和代様宅
  • ミズナ_img_4
    ミズナ @ 麹町

基本情報

花名
ミズナ
英名
Mizuna
学名
Brassica rapa var. laciniifolia
別名
キョウナ, 水菜, 京菜, Mizuna, Japanese mustard greens
原産地
日本
生活型
越年草、野菜

コメント

ミズナとは

ミズナ(水菜、学名:Brassica rapa var. laciniifolia)は、アブラナ科アブラナ属ラパ種ミズナ変種の越年草で、葉を野菜とします。茎は白く細長く良く分枝し、茎に付く葉には細かい切れ込みがあります。4月に黄色い十字架のような4弁花を咲かせます。葉を御浸しや、浅漬け、水炊き、炒め物にして食べます。シャキシャキした食感や、鍋物にしたときに肉類の臭みを消す効果があります。
同じミズナの仲間に、ミブナ(壬生菜、学名:Brassica rapa var. laciniifolia subvar. oblanceolata)があり似ていますが、ミブナの葉には切れ込みがありません。

一般名:ミズナ(水菜)、学名:Brassica rapa var. laciniifolia、別名:キョウナ(京菜)、ヒイラギナ(柊菜)、Mizuna、Potherb Mustard、Japanese mustard greens、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目アブラナ科アブラナ属ラパ種ミズナ変種 、原産地:日本、生活型:越年草、草丈:30~60 cm、葉形:狭長形、葉序:互生、花序形:総状花序、花形:十字架のように見える4弁花、花色:黄、開花期:3~4月、花径:1 cm、収穫期:5月~6月、11月~翌2月、名前の由来:畦の間に水を引き込んで栽培された野菜なので、用途:はりはり鍋、御浸し、浅漬け、水炊き、炒め物、サラダ 、含まれる成分:カルシウム、鉄分、カリウム、カロテン、ビタミンC。

詳細情報

アブラナ
アブラナ
アブラナ
ミズナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
3月4月
高さ
30 ~ 60 [cm]
花径
1 ~ 1

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ネジバナ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

イトバショウ_img
モミジバフウ_img
ティントガーネット_img
オニシモツケ_img
ハナハマサジ_img
ヤブレガサ_img
カナメモチ_img
ユウガオ_img
コナスビ_img
ミヤマアキノキリンソウ_img
ニオイハンゲ_img
ヒレハリソウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved