かぎけん花図鑑

マテバシイ

基本情報
花名
マテバシイ
英名
Lithocarpus edulis
学名
Lithocarpus edulis
別名
マタジイ, 全手葉椎
原産地
日本
生活型
常緑広葉高木
コメント
マテバシイ(全手葉椎、学名:Lithocarpus edulis)は、日本固有種でのブナ科マテバシイ属の常緑広葉高木です。千葉県以南の沿岸に自生します。葉が密生するので防風や防火に役立ち、果実のドングリは非常時の食用となるので、日本各地の暖地沿岸に植えられたと言われます。似ている木で、どぐりをならせる木には他にスダジイがあります。
一般名:マテバシイ(全手葉椎)、学名:Lithocarpus edulis、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ブナ目ブナ科マテバシイ属、別名:マタジイ、原産地:千葉県以南の日本、環境:温暖な沿岸、生活型:常緑広葉高木、樹高:15m、幹:灰暗褐色で縦に白筋有、雌雄同株、葉質:大きくて皮質で光沢有、葉長:10〜25cm、葉色:濃緑色(おもて)、灰褐色(うら)、葉量:密生、葉形:倒披針状長楕円形で先が少し尖る、葉縁:全縁、葉序:互生、花序形:穂状花序(雄株、上向き)、尾状花序(雌花は1つの花軸につく)、花色:黄色、開花期:5月〜6月、果実型:堅果、果実形:長楕円形、果実長:2~3cm、備考:日本固有種、用途:木は街路樹や防風・防火樹、材は器具材や木炭用、果実は加熱して食用、焼酎。
詳細情報
ブナ
ブナ
マテバシイ
マテバシイ
花のタイプ
花の配列
花弁の形
尾状
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海岸
開花時期
5月 6月
高さ
1500  ~ 1500  [cm]
花径
 ~