モミジカラマツ

  • モミジカラマツ_img_0
    モミジカラマツ @ 尾瀬沼
  • モミジカラマツ_img_1
    モミジカラマツ @ 黒部平高山植物園
  • モミジカラマツ_img_2
    モミジカラマツ @ 黒部平高山植物園

基本情報

花名
モミジカラマツ
英名
False bugbane
学名
Trautvetteria caroliniensis var. japonica
別名
False bugbane, 紅葉唐松
原産地
日本、樺太
生活型
高山性落葉性多年草

コメント

モミジカラマツとは

モミジカラマツ(紅葉唐松、学名:Trautvetteria caroliniensis var. japonica)は、日本、樺太原産で、キンポウゲ科モミジカラマツ属の高山性の落葉多年草です。夏に、細い茎先に複数の散房花序を出します。葉は秋に枯れます。小花のように見える白い花弁状のものは雄蕊の集合で、花中央にある薄黄緑色のものは雌蕊です。

一般名:モミジカラマツ(紅葉唐松)、学名:Trautvetteria caroliniensis var. japonica / Trautvetteria japonica 、別名:False bugbane、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目キンポウゲ科モミジカラマツ属モミジカラマツ種、原産地:日本、樺太、生息分布:北海道〜本州の(亜)高山、生活環境:森林の湿地、生活型:高山性落葉性多年草、草丈:50〜60 cm、根生葉:紅葉のような掌状。単葉が7~9中裂。葉序:互生、葉縁:欠刻状の鋭い鋸歯、葉柄:長い、茎葉:小さく葉柄無し、放射相称、花序形:散房花序、開花期:6月〜8月、花弁色(実は雄蕊+葯):白、雌蕊色:薄黄緑、花弁の小花径(雄蕊):1~1.3 cm、花弁:無、果実型:痩果、果実形:広卵形。

詳細情報

キンポウゲ
キンポウゲ
モミジカラマツ
モミジカラマツ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山亜高山
開花時期
6月7月8月
高さ
50 ~ 60 [cm]
花径
1 ~ 1.3

アクセスランキング(日別)

ネジバナ_img
オウコチョウ_img
アフリカハマユウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

カンパニュラ・ポシャルスキャナ_img
エンビセンノウ_img
ヒアシンス_img
タンナゲンカイツツジ_img
チオノドクサ_img
ズッキーニ_img
グラジオラス・カルネウス_img
マニラヤシ_img
ベニバナアマ_img
コガマ_img
ケヤマウコギ_img
エクスバリーアザレア_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved