かぎけん花図鑑

ヤマハハコ

基本情報
花名
ヤマハハコ
英名
Anahalis margaritacea
学名
Anaphalis margaritacea
別名
Aleutian avens, 山母子
原産地
日本、中国、北米
生活型
亜高山~高山の草地に自生する多年草
コメント
ヤマハハコ(山母子、、学名:Anaphalis margaritacea)は、日本、中国、北米原産で、キク科ヤマハハコ属の多年草です。北海道~本州中部以北の高山の草地に群生します。花は雌雄異株です、晩夏~秋に、茎先から散房花序を伸ばし、白花のように見える総苞片中央に、黄色花を咲かせます。葉は細長い披針形で、明瞭な葉脈が3本あります。葉は緑色ですが、毛が生えて白っぽく見えます。葉縁に鋸歯はなく全縁です。
一般名:ヤマハハコ(山母子)、学名:Anaphalis margaritacea、別名:the western pearly everlasting、pearly everlasting、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ヤマハハコ属ヤマハハコ種、原産地:日本、中国、北米、生息分布:北海道〜本州中部以北、生活環境:(亜)高山の草地、生活型:多年草、樹高:30〜70cm、株:雌雄異株、雄株の頭花:筒状の両性花、雌株花冠:糸状花、葉色:緑、葉形:線状披針形、葉脈:明らかな葉脈が3本ある、葉序:互生、葉縁:全縁、葉柄:無放射相称花、花序形:散房花序、花色:黄、白い花のようなものは総苞片、開花期:7月〜9月、繁殖:地下茎。
詳細情報
キク
キク
ヤマハハコ
ヤマハハコ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山 高山 亜高山
開花時期
7月 8月 9月
高さ
30  ~ 70  [cm]
花径
0.5  ~ 1