ワタスゲ

  • ワタスゲ_img_0
    ワタスゲ @ 尾瀬沼

基本情報

花名
ワタスゲ
英名
Eriophorum vaginatum
学名
Eriophorum vaginatum
別名
スズメノケヤリ, 雀の毛槍, 綿菅, Cotton-sedge, Eriophorum vaginatum
原産地
北半球の亜高山~高山
生活型
高山性多年草

コメント

ワタスゲとは

ワタスゲ(学名:Eriophorum vaginatum)は、北半球の高山原産で、カヤツリグサ科ワタスゲ属の高山性多年草です。
根茎から多数の茎を出して大きな株となり、それがたくさん集まって、尾瀬などの湿地に群落を作ります。
初夏に、細長い花茎の先に薄黄色の小穂を1つ咲かせます。
糸状の花被片は花後に伸びて白い綿毛(花ではなく果穂)が伸びて球状になります。
和名は、ワタスゲ属で、白い綿毛がワタの実に似ていることに因ります。

一般名:ワタスゲ(綿菅)、学名:Eriophorum vaginatum、
別名:スズメノケヤリ(雀の毛槍)、Cotton-sedge、
分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目カヤツリグサ科ワタスゲ属、
原産地:北半球の高山、生息地:尾瀬など本州以北〜北海道、環境:湿原、生活型:高山性多年草、草丈:30〜60 cm、
根生葉:偏三角形、花色:灰黒色の鱗片を持った薄黄色、花穂長:1〜2 cm、開花期:5月〜6月、 
果期(綿毛):6月〜8月、果穂色(花のように見えるもの):白、 
用途:観賞用、山菜。

詳細情報

イネ
カヤツリグサ
ワタスゲ
ワタスゲ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
小穂
葉のタイプ
線形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
高山亜高山
クリーム
開花時期
5月6月
高さ
30 ~ 60 [cm]
花径
1 ~ 2

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
テマリソウ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ビート_img
ハナオクラ_img
ウメ ビジンウメ_img
クシマヤ_img
エゾミソハギ_img
オウカンリュウ_img
クマガイソウ_img
ツルタコノキ_img
ムカゴトラノオ_img
ムシトリスミレ_img
カツラ_img
ゼンマイ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved