ワタ

キルギスの国花

  • ワタ_img_0
    ワタ @ 国立歴史民俗博物館 'くらしの植物苑'
  • ワタ_img_1
    ワタ @ 筑波実験植物園
  • ワタ_img_2
    ワタ @ 筑波実験植物園
  • ワタ_img_3
    ワタ @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
ワタ
英名
Cotton
学名
Gossypium arboreum
別名
tree cotton, コットン, ツリーコットン, 綿, Cotton, 青綿, アオワタ
原産地
インド
生活型
多年草又は一年草

コメント

ワタとは

ワタ(綿、学名:Gossypium arboreum)はインド原産でアオイ科ワタ属の多年草又は一年草です。高温と多雨を好みます。花色は薄黄色で花芯中央が濃赤紫です。葉はカエデの葉に似ており3〜5裂に裂けます。果実はポップコーンのように白く、弾けた種子の毛は綿花として、紡績原料や布団の綿、脱脂綿、火薬やセルロイドの原料となります。綿の種子である棉実から採った綿実油は食用油や、マーガリン、石鹸、催乳薬の原料となります。根皮は通経薬となります。綿実油を絞ったカス(粕)は飼料や肥料として使われます。

一般名:ワタ(綿)、学名:Gossypium arboreum、国花:キルギス、別名:コットン(Cotton)、アオワタ(青綿)、ツリーコットン(tree cotton)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科ワタ属、原産地:インド、草丈:100〜300 cm、托葉:有、葉柄長:1.5~10 cm、葉形:掌形、葉縁:鋸歯有、開花期(果実の観賞期):8月〜11月、花色:薄黄色地で中央の芯が濃赤紫色、花径:3~4 cm.

詳細情報

アオイ
アオイ
ワタ
ワタ
花言葉
「偉大」、「崇高」 / “很棒”,“崇高” (12月12日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
(亜)熱帯地域
クリーム
開花時期
8月9月10月11月
高さ
100 ~ 300 [cm]
花径
3 ~ 4

アクセスランキング(日別)

アンゲロニア・セレナ_img
サンタンカ_img
キク_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

クサボケ_img
メガクリニウム マキシマム_img
クチベニズイセン_img
オレガノ_img
キャベツ_img
エキノドルス・アルゼンチネンシス_img
フィカス・バリエガタ_img
ヒメルリトラノオ_img
アタミザクラ_img
ゼラニウム_img
タマイブキ_img
花菖蒲  ’濡れ燕’_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved