アオワタ

Gossypium arboreum

キルギスの国花

  • アオワタ
  • アオワタ
  • アオワタ
  • アオワタ
  • アオワタ
  • アオワタ
  • アオワタ
  • アオワタ
  • 花名
    アオワタ
  • 学名
    Gossypium arboreum
  • 別名tree cotton, コットン, ツリーコットン, 綿, Cotton, 青綿, アオワタ
  • 原産地エチオピア南部→インド
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期8月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉「偉大」、「崇高」

アオワタとは

アオワタ(青綿、アオメン、学名:Gossypium arboreum)は、エチオピア南部原産でのちにインドへ伝搬されたアオイ科ワタ属の一年~多年草植物です。別名で、キダチワタ、、アジアメン、ゴシピウム・アルボレウムや木立、ワメン(和綿)とも呼ばれます。
大元はエチオピア南部原産で、のちにインドへ伝搬されました。花色は黄や白、紅色、多年生、繊維長:2cm。綿の代表4種類の一つです。

Gossypium arboreum(アオメン、青綿、キダチワタ、、アジアメン、ワメン、和綿、tree cotton、ゴシピウム・アルボレウム)、Gossypium hirsutum(洋綿、リクチメン、陸地綿、ゴシピウム・ヒルスツム)、Gossypium barbadense(カイトウメン、海島綿、ベニバナワタ、Sea Island Cotton、ゴシピウム・バルバデンセ )、Gossypium herbaceum(シロバナワタ、ゴシピウム・ヘルバケウム、Levant cotton)という4代表品種の一つです。

一般名:アオワタ(青綿、和綿)、学名:Gossypium arboreum、国花:キルギス、別名:キダチワタ、コットン(Cotton)、ツリーコットン(tree cotton)、ゴシピウム・アルボレウム、アジアメン、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科ワタ属、原産地:エチオピア南部原産でのちに中国へ伝搬された、草丈:60〜120 cm、托葉:有、葉柄長:1.5~10 cm、葉形:掌形、葉縁:鋸歯有、開花期(果実の観賞期):8月〜11月、花色:黄や白、紅色、花径:6 cm.


  • アオイ
  • アオイ
  • ワタ
  • ワタ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    掌形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草又は一年草
  • 花の色赤 桃 黄 薄黄 白
  • 葉の色
  • 実の色茶 緑
  • 高さ60.0 ~ 120.0 cm
  • 花径6.0 ~ 6.0 cm

ランダムな花