フウリンブッソウゲ

Hibiscus schizopetalus

  • フウリンブッソウゲ
  • フウリンブッソウゲ
  • フウリンブッソウゲ
  • フウリンブッソウゲ
  • フウリンブッソウゲ
  • フウリンブッソウゲ
  • 花名
    フウリンブッソウゲ
  • 学名
    Hibiscus schizopetalus
  • 別名Fringed Hibiscus, 風鈴仏桑花, Japanese rantan
  • 原産地東アフリカのモムバサ
  • 開花場所温室, 亜熱帯地域, 特定の地域
  • 開花期6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉繊細な美しさ

フウリンブッソウゲとは

フウリンブッソウゲ (風鈴仏桑花 、学名:Hibiscus schizopetalus)は、赤い風鈴のような花が枝から垂れ下がって咲き、風に揺れます。本種は、東アフリカのモムバサ原産で、ハイビスカスの一種の非耐寒性常緑低木です。葉は、互生し、葉柄の基部に托葉があります。 花柄は、下に長く伸びて、先端付近に筒状の雄蕊がついています。五弁花は後ろに反り、花弁に細く深い切り込みがあります。 花名は、風に揺れる姿が風鈴に似ていることが由来です。種小名の” schizopetalus(スキゾペタルス)”は、ラテン語で、「切れ込みのある花弁」という意味です。花の色・形が、珊瑚に似ていることから、”コーラル・ハイビスカス(Coral Hibiscus)”とも呼ばれます。同属のフヨウ属には、ハイビスカスや、 ハワイ原産の野生のハイビスカス {{ヒビスクス・アルノッティアヌス}}、 韓国の国花でもあるムクゲなどがあります。花名の一部にハイビスカスと付きますが、{{ ブルーハイビスカス}}(Blue hibiscus)は別属の花です。

一般名:フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑花)、学名:Hibiscus schizopetalus(ヒビスクス・スキゾペタルス) 、別名:ジャパニーズ・ランタン、Fringed Hibiscus(フリンジド・ハイビスカス)、Coral Hibiscus(コーラル・ハイビスカス) 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科フヨウ属 、原産地:モムバサ(東アフリカ)、原産地:東アフリカのモムバサ、樹高:100~300 cm、花径:5~20cm、花色:赤(通常)・桃・白の絞り 、開花期:6月~11月(熱帯地方では周年)、雌蕊長:9~10 cm。


  • アオイ
  • アオイ
  • フヨウ
  • フウリンブッソウゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型非耐寒性常緑低木
  • 花の色赤 橙
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 300.0 cm
  • 花径5.0 ~ 20.0 cm

ランダムな花