ヒビスクス・アーノッティアヌス

Hibiscus arnottianus

  • ヒビスクス・アーノッティアヌス
  • ヒビスクス・アーノッティアヌス
  • ヒビスクス・アーノッティアヌス
  • ヒビスクス・アーノッティアヌス
  • ヒビスクス・アーノッティアヌス
  • ヒビスクス・アーノッティアヌス
  • 花名
    ヒビスクス・アーノッティアヌス
  • 学名
    Hibiscus arnottianus
  • 別名Hawaiian WhiteHibiscus, Hibiscus arnottianus, ハイビスカス, ヒビスクス
  • 原産地オアフ島
  • 開花場所温室, 海外, 特定の地域
  • 開花期

ヒビスクス・アーノッティアヌスとは

ヒビスクス・アーノッティアヌス(学名:Hibiscus arnottianus)は、オアフ島原産、アオイ科フヨウ属の低高木です。ホワイト・ハイビスカスで、ハイビスカス(学名:Hibiscus )の原種で、交配親の一つとして知られます。
花は白地に淡桃色の脈がる細長い五弁花で芳香があり枝に多数付きます。花の中央には、赤くて長い花柱があります。本種から、今日多数育種された園芸種のハイビスカスが生まれました。種小名の”arnottianus”は、スコットランドの植物学者”George Aarnot Walker”(ジョージ・アーノット・ウォーカー氏)への献名です。

一般名:ヒビスクス・アーノッティアヌス(学名:Hibiscus arnottianus)、
学名: Hibiscus arnottianus(ヒビスクス・アーノッティアヌス)、
別名:Hawaiian WhiteHibiscus(ハワイアン・ホワイト・ハイビスカス)、ヒビスクス・アルノッティアヌス、
ハワイ名:コキオ・ケオ・ケオ(Koki'o Ke'o Ke'o)、Koki'o kea(コキオ・ケア)、Hau Hele(ハウ・ヘレ)、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類アオイ目アオイ科フヨウ属、
原産地:オアフ島(ハワイ州、米国)、
樹高:8-10 m、葉色:深緑、葉形:卵形、葉身長:15~20 cm、葉縁:鋸歯有、
花色:白地に淡桃色の脈、花冠長:4~7 cm、花径:10 cm、花柱:赤。


  • アオイ
  • アオイ
  • フヨウ
  • ヒビスクス・アーノッティアヌス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型低高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ800.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径10.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花