プリムラ・ポリアンサ

  • プリムラ・ポリアンサ_img_0
    プリムラ・ポリアンサ @ 小田原PA
  • プリムラ・ポリアンサ_img_1
    プリムラ・ポリアンサ @ 小田原PA
  • プリムラ・ポリアンサ_img_2
    プリムラ・ポリアンサ @ 小田原PA

基本情報

花名
プリムラ・ポリアンサ
英名
Primula polyantha
学名
Primula polyantha
別名
クリンザクラ, Polyanthus primrose, English primrose, Primula polyantha, 九輪桜
原産地
ヨーロッパからコーカサス
生活型
非耐暑性多年草

コメント

プリムラ・ポリアンサとは

プリムラ・ポリアンサ(Primula polyantha、学名:Primula polyantha)は、サクラソウ科サクラソウ属の園芸品種です。プリムラ・ベリス(Primula veris)とプリムラ・ブルガリス(Primula vulgaris、Primrose)との交配種であり、サクラソウを代表する品種です。葉柄があるものと無いものがあり、葉柄の無いものは地面から直接、葉が出て叢生します。花茎の先端に散形花序を伸ばし、プリムラの中では一番大きな花を多数つけます。茎先は丸く、葉に入る綱目状の葉脈が目立ちます。 耐暑性がないので夏越しが困難です。プリムラ・ジュリアンは本種と、プリムラ・ジュリエ (Primula juliae、一般名:Juliana Primrose)を両親として育種されました。ポリアンサとジュリアンは似ており、殆ど差が有りません。強いて言うと、ポリアンサの葉の方が幅広で大きく葉脈がはっきりしています。

一般名:プリムラ・ポリアンサ(Primula polyantha)、学名:Primula polyantha、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目サクラソウ科サクラソウ属(プリムラ属)、原産地:ヨーロッパ~コーカサス(園芸種)、別名:Polyanthus primrose、English primrose、生活型:多年草、草丈10~20 cm、放射対称花、葉形:広卵形~長楕円形、葉縁:深裂、花序形:散形花序、花径:4~8 cm、開花期:12月~翌年4月、花色:橙・黄・赤・ピンク・白・青・紫で、黒以外はある、花の咲き方:一重咲き、八重咲き。
 

詳細情報

ツツジ
サクラソウ
サクラソウ
プリムラ・ポリアンサ
花言葉
富の誇り / The pride of riches (05月01日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
広卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
公園鉢花
赤, ピンク, 青, 紫, 橙, 黄, クリーム, 白
開花時期
1月2月3月4月12月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
4 ~ 8

アクセスランキング(日別)

アマリリス_img
サンタンカ_img
トルコギキョウ_img
ネジバナ_img

ランダムな花

ハマボッス_img
オオアワダチソウ_img
ベルガモット_img
ストレリチア・ニコライ_img
山紫陽花 '菊咲七段花'_img
カランコエ・ラクシフロラ_img
ダシリリオン_img
ヘビウリ_img
フキ_img
チューリップ・バラードゴールド_img
サラソウジュ_img
ピンクジンジャー_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved