サイコトリア・ペピギアナ

熱い唇、変わった花

  • サイコトリア・ペピギアナ_img_0
    サイコトリア・ペピギアナ @ 京都府立植物園
  • サイコトリア・ペピギアナ_img_1
    サイコトリア・ペピギアナ @ 京都府立植物園
  • サイコトリア・ペピギアナ_img_2
    サイコトリア・ペピギアナ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
サイコトリア・ペピギアナ
英名
Hot Lips
学名
Psychotria poeppigiana
別名
Kiss of Jungle, Sore-mouth Bush, 熱い唇, sore-mouth bush, Hot Lips, Psychotria poeppigiana, ホットリップ, hotlip
原産地
メキシコからアルゼンチンの熱帯アメリカ
生活型
低木

コメント

サイコトリア・ペピギアナとは

サイコトリア・ペピギアナ(学名:Psychotria poeppigiana)は、コロンビア等、中南米の熱帯雨林に自生するアカネ科ボチョウジ属の低木です。別名でホット・リップス(熱い唇)や、Kiss of Jungle、Sore-mouth Bush(口内炎の木)とも呼ばれます。この赤い唇のように見えるのは苞葉で、いつもは緑色ですが、開花時期が近づくと真っ赤となります。花はこの苞の中にある小さな五弁上の薄黄色のものです。

一般名称:サイコトリア・ペピギアナ(Psychotria poeppigiana)、学名:Psychotria poeppigiana 、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類リンドウ目アカネ科ボチョウジ属 、別名:熱い唇、ホットリップ、Hot Lips、Kiss of Jungle、Sore-mouth Bush(口内炎の木) 、原産地:メキシコからアルゼンチンの熱帯アメリカ、生活環境:熱帯雨林 、生活型:大きな低木、樹高:1~2 m、葉:単葉、葉序:対生、葉縁:全縁、花序形:集散花序/複集散花序、花冠:車形で先端が5浅裂、花色:薄黄、開花期:3月、萼形:短筒、雄蕊数:5、子房:2、苞の赤い部分:10 cm 、果実型:液果、果実色:青、果実形:卵円形/球形、繁殖:蝶やハチドリの虫媒花、用途:観賞用、薬草。

詳細情報

リンドウ
アカネ
ボチョウジ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
複集散花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域植物園
クリーム
開花時期
3月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

センリゴマ_img
キバナ・イペー_img
ヒポエステス(Hypoestes)_img
スターフルーツ_img
キヨミ_img
オトメサザンカ_img
ゴジアオイ_img
バニラ_img
エビネ 織姫_img
ヘリコニア・ビハイ・ロブスター・クロウ_img
クロコショウ_img
タカネバラ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved