パフィオペディルム・サクハクリ

  • パフィオペディルム・サクハクリ_img_0
    パフィオペディルム・サクハクリ @ 浜名湖花博2004

基本情報

花名
パフィオペディルム・サクハクリ
英名
Paphiopedilum ’sukhakulii'
学名
Paphiopedilum ’sukhakulii'
別名
Paphiopedilum ’sukhakulii'
原産地
タイ
生活型
常緑多年草

コメント

パフィオペディルム・サクハクリとは

パフィオペディルム 'サクハクリ'(学名:Paphiopedilum 'sukhakulii')はタイ原産で、ラン科パフィオペディルム属の常緑多年草です。背萼片(上の萼片)はタマネギ形状をしており薄緑色地に濃緑色の縦縞が入ります。側花弁は左右対称で横に広がり薄緑色地に赤褐色の斑が多数散在します。下の萼片(唇弁)は赤茶色をした袋状です。属名の「Paphiopedillum」はラテン語で「Paphio(パフィア=ヴィーナス)+pedillum(ペディロン=上靴」と言う意味です。英名では、同様に、「レディーススリッパ」と呼ばれます。それは、唇弁と呼ばれる下の花びらが袋状になっていて、スリッパの足を入れる部分に似ていることに拠ります。種小名の 「sukhakulii 」は「Sukhakul氏の」という意味で、タイの蘭栽培者「Prasong Sukhakul」氏への献名です。

一般名:パフィオペディルム 'サクハクリ'、学名:Paphiopedilum ’sukhakulii'。分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目ラン科パフィオペディルム属、原産地:タイ、草丈:20~40 cm、開花期:10月~翌年5月、花径:6~12 cm、原産地:タイ、生活型:常緑多年草、草丈:20~40 cm、単茎性種、葉形:長楕円形、葉色:緑、葉序:3~5枚根生、左右相称花、花序:総状花序、花冠:ラン形、雄蕊・雌蕊:合体、背萼片(上の萼片):タマネギ形状で薄緑色地に濃緑色の縦縞が入る、側花弁:左右対称で横に広がり薄緑色地に赤褐色の斑が多数散在、下の萼片(唇弁):赤茶色をした袋状。

詳細情報

キジカクシ
ラン
パフィオペディルム
パフィオペディルム・サクハクリ
花言葉
官能的 / Sensual (12月27日)
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
波状
鑑賞場所
開花時期
1月2月3月4月5月10月11月12月
高さ
20 ~ 40 [cm]
花径
6 ~ 12

アクセスランキング(日別)

アガパンサス_img
ルリトウワタ_img
テマリソウ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

オトギリソウ_img
チューベローズ_img
ツバキ タマガスミ_img
ニンジン_img
フウラン_img
ツルニチニチソウ_img
エビネ_img
スダジイ_img
ツバキ トリノコ_img
カラマツソウ_img
カエンカズラ_img
シロバナタイトゴメ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved