かぎけん花図鑑

ムカゴトラノオ

基本情報
花名
ムカゴトラノオ
英名
Bistorta vivipara
学名
Bistorta vivipara
別名
零余子虎の尾, Bistorta vivipara
原産地
北半球の寒帯
生活型
高山性多年草
コメント
ムカゴトラノオ(零余子虎の尾、学名:Bistorta vivipara )は北半球の寒帯原産でタデ科イブキトラノオ属の多年草です。日本では北海道~中部以北の亜高山~高山の草地に自生します。夏、穂状花序に白色〜淡紅色の花のように見える小さな萼片を付けます。花後、花穂の下部にむかごが付きます。
一般名ムカゴトラノオ(零余子虎の尾)、学名:Bistorta vivipara、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目タデ科イブキトラノオ属ムカゴトラノオ種、
シノニム:Persicaria vivipara 、Polygonum viviparum、原産地:北半球の寒帯、生息分布:日本では北海道~中部以北、環境:亜高山~高山、環境:草地、
生活型:多年草、草丈:5〜30 cm、全草:無毛、葉:広楕円形~披針形、葉縁:全縁、葉身長:10 cm、葉序:互生、葉柄:無、花序形:穂状花序、花序長:3〜10 cm、花弁:無し、花色(実際は、萼色):白色〜淡紅色、開花期(萼):6月〜9月、小花径(実際は萼径):0.3 cm、萼(花のように見える):5裂、花柱数:3、雄蕊数:8、花穂:むかごが下部に付く、果実型:痩果、用途:生薬。
詳細情報
ナデシコ
タデ
イブキトラノオ
ムカゴトラノオ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
北海道
ピンク, 白
開花時期
6月 7月 8月 9月
高さ
5  ~ 30  [cm]
花径
0.3  ~ 0.3