シデコブシ

  • シデコブシ_img_0
    シデコブシ @ 京都府立植物園
  • シデコブシ_img_1
    シデコブシ @ 京都府立植物園
  • シデコブシ_img_2
    シデコブシ @ 箱根湿生植物園
  • シデコブシ_img_3
    シデコブシ @ 箱根湿生植物園

基本情報

花名
シデコブシ
英名
Star Magnolia
学名
Magnolia stellata
別名
ヒメコブシ, Star Magnolia, 四手辛夷, Shide-kobushi, 姫辛夷
原産地
日本
生活型
落葉低木

コメント

シデコブシとは

シデコブシ(四手辛夷、学名:Magnolia stellata)は、日本固有種で、モクレン科モクレン属の落葉低木です。春に、葉が展開する前に、白~淡紅色の細長い花被片を10数枚持った花を多数咲かせます。岐阜、愛知、三重の本州中部の湿地に生息していますが、自生は少なく、減少しつつあり、レッドリスト入りしています。人為的には庭木や街路樹で植えられています。コブシ(辛夷、学名:Magnolia kobus)より樹高が低いのでヒメコブシ(姫辛夷)とも呼ばれます。学名のマグノリアと、花被片が星のように見えることから、英名では’スターマグノリア(Star Magnolia)’とも呼ばれます。和名は、コブシの一種で、注連縄飾り(しめなわかざり)につける「しで」という白紙に似ていることからつけられました。

一般名:シデコブシ(四手辛夷)、学名:Magnolia stellata(マグノリア・ステラ)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類モクレン目モクレン科モクレン属シデコブシ種、別名:ヒメコブシ(姫辛夷)、Star magnolia(スターマグノリア)、生息分布:岐阜、愛知、三重の本州中部、環境:湿地や渓流の後背地、生活型:落葉低木、樹高:200~500 cm、葉形:長楕円形、葉序:互生、両性花、花色:白~淡紅色、花径:10 cm 開花期:3月~5月、花被片数:12~18枚、種子色:赤、用途:街路樹、庭園樹、環境浄化。

詳細情報

モクレン
モクレン
モクレン
シデコブシ
花言葉
友愛 / Love ()
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
公園街路、植栽
ピンク, 白
開花時期
3月4月5月
高さ
200 ~ 500 [cm]
花径
7 ~ 10

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
オウコチョウ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

エゾツツジ_img
ゲッカビジン_img
ツリガネニンジン_img
サルココッカ_img
ムギクサ_img
アリウム・ギガンテウム_img
チャラン_img
ギンヨウセンネンボク_img
ミヤマリンドウ_img
ピロ_img
クサトベラ_img
アンゲロニア セレナ  'パープルストライプ'_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved