かぎけん花図鑑

ツルタコノキ

基本情報
花名
ツルタコノキ
英名
flowendanusring pandanus
学名
Freycinetia multiflora
別名
Freycinetia multiflora, フレシネティア・ムルティフロラ, flowendanusring pandanus, Climbing pandanus
原産地
フィリピン
生活型
常緑蔓性多年草
コメント
ツルタコノキ(蔓蛸の木、学名:Freycinetia multiflora)はタコノキ科ツルアダン属の常緑蔓性多年草で、原産地はフィリピンです。幹から既婚を出して体を支え、蔓で他のものに巻き付いて成長します。花弁や萼片は退化して有りません。橙色の花弁のように見えるものは肉垂花序の仏縁苞です。苞が開くと3つの肉垂花序が付きだします。
一般名:ツルタコノキ(蔓蛸の木)、学名:Freycinetia multiflora、別名:Freycinetia multiflora(フレシネティア・ムルティフロラ)、flowendanusring pandanus、Climbing pandanus、草丈:100ー150cm、葉形:披針形、葉幅:互生、葉長:30cm、葉幅:2cm、葉色:光沢のある濃緑色、葉縁:棘有、雌雄異株、雌花序:肉垂花序、開花期:4月、花弁:無し、萼片:無し、仏縁苞色(花のように見えるもの):橙色、用途:葉茎根を敷物や籠、履物に。
詳細情報
タコノキ
タコノキ
ツルアダン
ツルタコノキ
花のタイプ
花の配列
肉穂花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
披針形
葉の縁
棘状
鑑賞場所
植物園 (亜)熱帯地域
開花時期
4月
高さ
100  ~ 150  [cm]
花径
 ~