かぎけん花図鑑

セロジネ・インターメディア

基本情報
花名
セロジネ・インターメディア
英名
Coelogyne intermedia
学名
Coelogyne intermedia
別名
原産地
園芸品種
生活型
常緑多年草
コメント
セロジネ・インターメディア(学名:Coelogyne intermedia)は、園芸品種で、ラン科セロジネ属の常緑多年草です。花弁は白色で、花芯は黄色です。両親はヒマラヤに咲くセロジネ・クリスタータ(C. cristata)と、ジャワなど東南アジアの高地に咲く セロジネ・マッサンゲアナ(C. massangeana)です。緑色の葉と、白い花の分量が同じです。低温にも強く育てやすいので、初めてのラン栽培に向いています。同じセロジネ属の、セロジネ・クリスタータ(Coelogyne cristata)と似ています。
一般名:セロジネ・インターメディア(Coelogyne intermedia)、学名:Coelogyne intermedia 、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目ラン科セロジネ属、別名:セロジネ・インテルメディア 、原産地:園芸品種、花色:白、花径:5~6 cm、草丈:20~25cm、開花期:2月~5月。
詳細情報
キジカクシ
ラン
セロジネ
セロジネ・インターメディア
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
波状
鑑賞場所
温室
開花時期
2月 3月 4月 5月
高さ
20  ~ 25  [cm]
花径
5  ~ 6