かぎけん花図鑑

ジプソフィラ・ムラリス

基本情報
花名
ジプソフィラ・ムラリス
英名
Gypsophila muralis
学名
Gypsophila muralis
別名
Gypsophila muralis
原産地
ヨーロッパ、中央アジア
生活型
一年草
コメント
ジプソフィラ・ムラリス(Gypsophila muralis、学名:Gypsophila muralis)はナデシコ科カスミソウ属の耐寒性一年草「カスミソウ(霞草)」の矮性品種です。
花色には、白や桃色があります。小花が多数集まり霞のように見えます。学名のGypsophila(ジプソフィラ)はギリシャ語で Gypsos(ジプソス=石灰質の)+ philos(フィロス=好む)という石灰質の土壌を好むことに由来します。茎枝を多数集めて花瓶に活けると垢抜けた室内装飾となり、ブーケやフラワーアレンジメントにも重宝します。 ジプシーピンクは薄桃色の小花を咲かせる園芸品種です。
一般名:ジプソフィラ・ムラリス(Gypsophila muralis)、学名:Gypsophila muralis、別名:ジプソフィラ・ムラリス、葉色:緑、葉形:線形、葉序:対生、葉縁:全縁、放射相称、花序形:4~5数性2出集散花序(岐散花序)、果実:蒴果、用途:鉢植え、庭植え、ロックガーデン。
詳細情報
ナデシコ
ナデシコ
カスミソウ
ジプソフィラ・ムラリス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
多散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
庭 鉢花
ピンク
開花時期
高さ
10  ~ 20  [cm]
花径
0.5  ~ 1.0