エビネ 赤の輝き

日本原産で地上に生える蘭

  • エビネ 赤の輝き_img_0
    エビネ 赤の輝き @ 京都府立植物園
  • エビネ 赤の輝き_img_1
    エビネ 赤の輝き @ 京都府立植物園

基本情報

花名
エビネ 赤の輝き
英名
Ebine 'Orihime'
学名
Calanthe discolor cv. akano kagayaki
別名
原産地
日本、園芸品種
生活型
常緑多年草

コメント

エビネ 赤の輝きとは

エビネ  赤の輝き(海老根 アカノカガヤキ, Ebine Akano kagayaki、学名:Calanthe discolor cv. Akano kagayaki)はラン科エビネ属の一園芸品種です。春に、花弁と萼片が全て赤いラン形の花を多数咲かせます。

■エビネ構造
●花の構造
 【花弁(Petal)3】唇弁(Lip petal)1+側花弁(Petal)2
 【萼片(Sepal)3】背顎片1(Dorsal Sepal)+側萼片2(Lateral Sepal)
●ずい柱(stam Colum)=蕊柱(pillar))
 葯帽=葯蓋=花粉袋(anther hat)、花粉塊(Pollinia)、柱頭(stigma)、ずい柱(Colum)、
 萼片(Sepal)、子房(Ovary)
●苞(bract)

詳細情報

キジカクシ
ラン
エビネ
エビネ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
ラン形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
赤, 茶
開花時期
3月4月
高さ
20 ~ 60 [cm]
花径
1 ~ 2

アクセスランキング(日別)

ルリトウワタ_img
ラフレシア・アルノルディー_img
オウコチョウ_img
マーガレット_img

ランダムな花

コルディリネ 'パープル コンパクタ'_img
ノケイトウ_img
イワイチョウ_img
アサガオ_img
サンケジア・スペキオサ_img
パンダナス フルカツス_img
デンドロビウム スミリエ_img
カランコエ・ラクシフロラ_img
オオキツネノカミソリ_img
ヒメスイレン_img
ジャーマンアイリス ‘ゲイパト’ _img
ベニスジヤマユリ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved