かぎけん花図鑑

ヒメコウホネ

基本情報
花名
ヒメコウホネ
英名
Nuphar subintegerrimum
学名
Nuphar subintegerrimum
別名
原産地
日本
生活型
耐寒性・耐暑性年生水草
コメント
ヒメコウホネ(姫河骨、学名:Nuphar subintegerrimum)は、日本固有種で、スイレン科の多年生水草です。池や浅瀬で細長い花茎の先端に黄金色の花を一輪咲かせます。花は中央から周辺に向けて、大きなメシベ(雌蕊)→多数のオシベ(雄蕊)→細長い多数の花弁→5枚の花弁のように見える萼からなります。コウホネ(河骨、Nuphar japonicum)より一回り小さいです。また、ヒメコウホネの葉は円心形で浮葉なのに対し、コウホネは長楕円形の葉で気中葉です。
一般名:ヒメコウホネ(姫河骨)、学名:Nuphar subintegerrimum 、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱スイレン目スイレン科コウホネ属コウホネ種、別名:カワホネ、カワバス、センコツ(川骨) 、原産地:本州・九州・沖縄の日本、生活環境:浅い沼や池、草丈:10〜40cm、根茎色:白、開花期:5月〜10月、花色:黄、花径:3~5cm、用途:花葉を池やアクアリウムで鑑賞用に、根茎は漢方薬に。
詳細情報
スイレン
スイレン
コウホネ
コウホネ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
円形
葉の縁
棘状
鑑賞場所
開花時期
5月 6月 7月 8月 9月 10月
高さ
10  ~ 40  [cm]
花径
3  ~ 5