フルクラエア・フォエチダ "メディオピクタ"

  • フルクラエア・フォエチダ  "メディオピクタ"_img_0
    フルクラエア・フォエチダ "メディオピクタ" @ マウラナニベイホテル&バンガローズ
  • フルクラエア・フォエチダ  "メディオピクタ"_img_1
    フルクラエア・フォエチダ "メディオピクタ" @ マウラナニベイホテル&バンガローズ

基本情報

花名
フルクラエア・フォエチダ "メディオピクタ"
英名
Furcraea foetida 'Mediopicta'
学名
Furcraea foetida 'medio-picta'
別名
原産地
ブラジル
生活型
非耐寒性草本、観葉植物

コメント

フルクラエア・フォエチダ "メディオピクタ"とは

フルクラエア・フォエチダ "メディオピクタ(Furcraea foetida 'Medio-picta')は、ブラジル原産で、キジカクシ科フルクラエア属の非耐寒性大型多肉植物・灌木「フルクラエア・フォエチダ(Furcraea foetida)」の黄中斑入り品種です。 同科異属のアガベに近いですが、それほど肉厚ではありません。株全体では半球状を描きます。大きく長い葉は剣形で50枚ほど叢生し、緑色地に薄黄の縦縞が入り、根元で放射状に広がります。葉には鋭い棘があります。花茎高は6~8mで先端に円錐花序を伸ばし、白花を咲かせます。しかし、開花すると枯れます。 葉は、ロープの原料となる繊維が採れます。

一般名:フルクラエア・フォエチダ・メディオピクタ(Furcraea foetida 'Mediopicta' )、学名:Furcraea foetida 'Mediopicta' 、分類名:キジカクシ目キジカクシ科フルクラエア属(furcraea) 、別名:Mauritius hemp(モーリシャス・ヘンプ、モーリシャス麻)、フルクラエア(furcraea)、フォエチダ 、原産地:ブラジル、葉形:剣状、葉数:50枚、葉縁:鋭い棘、葉色:緑地に黄斑入り、花色:白、花序形:円錐花序、花茎:6~8 m、花:咲くと枯れる。

詳細情報

キジカクシ
キジカクシ
フルクラエア
フルクラエア・フォエチダ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
剣形
葉の縁
棘状
鑑賞場所
植物園
開花時期
高さ
100 ~ 150 [cm]
花径
0.3 ~ 0.4

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
オウコチョウ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

クサギ_img
ベチバー_img
ホヤ・ベラ_img
ヨツバカタバミ_img
コノテガシワ_img
ペチュニア ’メルリン ブルーモーン’_img
アズマイチゲ_img
バコパ_img
ユリノキ_img
ピンク・テコマ_img
サポジラ_img
イスノキ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved