ムスカリ・アルメニアカム

  • ムスカリ・アルメニアカム_img_0

    ムスカリ・アルメニアカム @ 京都府立植物園

  • ムスカリ・アルメニアカム_img_1

    ムスカリ・アルメニアカム @ 京都府立植物園

基本情報

花名
ムスカリ・アルメニアカム
英名
Muscari armeniacum
学名
Muscari armeniacum
別名
Muscari armeniacum, Muscari, Armenian grape hyacinth
原産地
ギリシャ、トルコ~コーカサス、アルメニアの東地中海沿岸
生活型
耐寒性球根植物

コメント

ムスカリ・アルメニアカム(学名:Muscari Armeniacum)は、東地中海沿岸原産で、キジカクシ科ムスカリ属の耐寒性球根植物「ムスカリ(Muscari)」のコバルト色をした定番品種です。葉は線形です。花茎から穂状花序を伸ばし、花序の周りを覆うように壺状の小花を多数下向きに咲かせます。ムスカリの基本種として園芸品種の親となっています。また、ピンクや白などの変種もあります。草丈が低いのでグランドカバーに用いられます。属名の”Muscari”は、「muscus(麝香)」、種小名の” Armeniacum”は、ラテン語で原産地の「Armenia(アルメニアの)」と言う意味です。花言葉は「明るい未来」。欧州では、青い花を「失意」や「失望」という悲しみの象徴に捉える一方、失意を越えた「明るい未来」も用いられます。

一般名:ムスカリ・アルメニアカム(Muscari Armeniacum)、学名:Muscari Armeniacum、別名:Armenian grape hyacinth、分類名:植物界被子植物単子葉植物キジカクシ目キジカクシ科ムスカリ属 、原産地:地中海沿岸、生息分布:森林や牧草地、草丈:15 cm、花径:0.5 cm、花序形:穂状花序、花冠:壺型で先端が6浅裂、開花期:4月~5月、花色:青紫。

詳細情報

キジカクシ
キジカクシ
ムスカリ
ムスカリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
壺形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園鉢花
ピンク, 青, 紫, 白
開花時期
4月5月
高さ
15 ~ 15 [cm]
花径
0.5 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アンスリウム_img
テマリソウ_img
ホウセンカ_img
ユキモチソウ_img

ランダムな花

オドンチオダ・マリー・ノエル‘ベラノ'_img
額紫陽花 ポージィブーケ グレイス_img
ニンニクカズラ_img
マツリカ_img
クロツグ_img
ハヤトウリ_img
ゴクラクチョウカ_img
スイゼンジナ_img
アンズ_img
ラベンダーセージ_img
アメリカハナズオウ(America花蘇芳)_img
エキナセア・プルプレア_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved