アオモジ

  • アオモジ_img_0

    アオモジ @ 京都府立植物園

  • アオモジ_img_1

    アオモジ @ 京都府立植物園

  • アオモジ_img_2

    アオモジ @ 京都府立植物園

基本情報

花名
アオモジ
英名
Litsea cubeba
学名
Litsea cubeba
別名
aromatic litsea, may chang
原産地
日本、台湾、中国、インドネシア
生活型
落葉小高木

コメント

アオモジ(青文字、学名:Litsea cubeba)は、日本、台湾、中国、インドネシア原産で、クスノキ科クスノキ属の落葉小高木です。日本では九州西部~沖縄に自生します。葉は披針形で葉裏が粉白色を帯びています。葉や小枝に芳香があります。花は葉が展開する前に咲きます。春に、葉腋から散形花序を伸ばし、総苞葉片の中に5個の小花を付けます。夏に、球形の液果を成らせます。

一般名:アオモジ(青文字)、学名:Litsea cubeba(リトセア・クベバ)、別名:aromatic litsea、may chang、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱クスノキ目クスノキ科ハマビワ属アオモジ種、原産地:日本、台湾、中国、インドネシア、生息分布:日本では九州西部~沖縄、生活型:落葉小高木、樹高:5-10 m、幼木樹皮色:黄緑色、成木樹皮色:灰褐色、葉身長:7~15 cm、葉質:薄い、葉形:披針形或いは長楕円形、葉縁:全縁、単葉、葉序:互生、雌雄異株、花序形:散形花序、花色:黄・白、花径:1 cm、雄蕊数:9、葯色:黄、開花:2月~3月、果実型:液果、果実径:0.5 cm、果実形:球形、果実色:赤→黒柴色、結実期:7月~8月、用途:庭植え、爪楊枝、香料、精油、薬用。

詳細情報

クスノキ
クスノキ
ハマビワ
アオモジ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山
黄, 白
開花時期
2月3月
高さ
500 ~ 1000 [cm]
花径
0.8 ~ 1

アクセスランキング(日別)

キバナセツブンソウ_img
ヤハズカズラ_img
マカデミア_img
ゴジアオイ_img

ランダムな花

額紫陽花 ポージーブーケ ノーブルII_img
イチョウ_img
マメザクラ_img
パンジー 'ビーズ・ミックス'_img
キハダ_img
マコモ_img
ペチュニア 'キリン ウェーブ パープル' _img
オタカンサス_img
ツバキ ニオイベニ_img
スノキ(酢の木)_img
パセリ_img
オドンチオダ・マリー・ノエル‘ベラノ'_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved