アフリカアイリス

  • アフリカアイリス_img_0
    アフリカアイリス @ シドニー

基本情報

花名
アフリカアイリス
英名
Diides iridioides
学名
Dietes iridioides
別名
Fortnight lily, Wild iris, Dietes iridioides, Cape iris, Morea Lily, African iris
原産地
エチオピア~南アフリカのアフリカ
生活型
常緑多年草

コメント

アフリカアイリスとは

アフリカ・アイリス(阿弗利加菖蒲、学名:Dietes iridioides)はアフリカのエチオピアから南アフリカ原産で、アヤメ科ディエテス属の常緑多年草です。緑色で細長い剣形の根生葉は扇形に束生します。春~夏に、葉の間から、細長い花茎を出して茎頂に白い6弁花を咲かせます。3枚の外花被片に太い黄色の斑紋が入り、3枚の花被片には黄色い模様が入りません。外花被片の上部に薄紫色の3枚の内花被片があり中央部は濃紫色をしています。属名の「Dietes」は(2つの関係を持った)、 種小名の「iridioides」は(アヤメ属に似た)と言う意味です。

一般名:アフリカ・アイリス、学名:Dietes iridioides、又名:African iris、Dietes iridioides(ディエテス・イリディオイデス)、Wild iris(ワイルド・アイリス), Fortnight lily(フォートナイト・リリー), Cape iris(ケープアイリス)、Morea Lily、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目アヤメ科ディエテス属、株高:50~120 cm、葉質:皮質、葉形:細長い剣形、花色:白、花径:6 cm、開花期:4月~7月、果実型:蒴果、果実形:フットボール形、用途:庭植え、鉢植え、切花。

詳細情報

キジカクシ
アヤメ
ディエテス
アフリカ・アイリス
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
あやめ形
葉のタイプ
剣形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
切り花・生け花鉢花
開花時期
4月5月6月7月
高さ
50 ~ 120 [cm]
花径
6 ~ 6

アクセスランキング(日別)

アガパンサス_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
マーガレット_img

ランダムな花

ヒロハノレンリソウ _img
ボケ_img
キンコウカ_img
フクジンソウ_img
アオジソ_img
ウチワノキ_img
メギ_img
アメフリノキ_img
ツバキ カンカシボリ_img
篤姫ローズ_img
ナラガシワ_img
クワズイモ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved