かぎけん花図鑑

ピロ

基本情報
花名
ピロ
英名
Pilo
学名
Coprosma montana
別名
コプロスマ・モンタナ, Coprosma montana, Pilo
原産地
マウイ島東部とハワイ島
生活型
常緑小低木
コメント
ピロ(Pilo、学名:Coprosma montana)は、ハワイ固有種で、常緑小低木です。葉は緑色で小さい。2月~3月に小さな白花を咲かせますが、小さく地味で鑑賞用にはなりません。花後に、黄色で丸い小さな果実が沢山成ります。果実はハワイの鳥「ネネ」(nēnē、学名: Branta sandvicensis )やガチョウの食料となります。属名の「Coprosma」は「糞のように臭いがする」という意味で、葉が粉砕されたときに発する腐ったキャベツの匂い(メタンチオール)を指します。種小名の「montana」はラテン語の「montanus(山)」に由来します。
一般名:ピロ(Pilo)、学名:Coprosma montana、分類名:植物界被子植物真正双子葉類リンドウ目アカネ科コプロスマ属、別名:コプロスマ・モンタナ(Coprosma montana)、Subalpine pilo、原産地:マウイ島東部とハワイ島(ハワイ固有種)、樹高:20~200cm、生息分布:亜高山帯の森林、開花期:2月~3月、花色:緑がかった白、又は黄色、果実形:球形、果実色:薄黄。
詳細情報
リンドウ
アカネ
コプロスマ
ピロ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
複集散花序
花弁の形
車形
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
亜高山
開花時期
2月 3月
高さ
20  ~ 200  [cm]
花径
 ~