ハーデンベルギア

  • ハーデンベルギア_img_0
    ハーデンベルギア @ 夢の島熱帯植物館
  • ハーデンベルギア_img_1
    ハーデンベルギア @ 夢の島熱帯植物館

基本情報

花名
ハーデンベルギア
英名
Hardenbergia
学名
Hardenbergia violacea
別名
Hardenbergia, Hardenbergia violacea, コマチフジ, ヒトツバマメ, vine lilac
原産地
オーストラリア
生活型
半耐寒性常緑ほふく性(蔓性)低木

コメント

ハーデンベルギアとは

ハーデンベルギア(Hardenbergia、学名:Hardenbergia violacea)は、オーストラリア原産で、マメ科ハーデンベルギア属の半耐寒性常緑ほふく性(蔓性)低木です。 最初は自力で茎を伸ばしますが、直に蔓を伸ばし他の木や、フェンス等に蔓を絡ませて成長します。春に、葉腋から総状花序を伸ばし紫色の小花を房状に咲かせます。花色には紫の他、白やピンクもあります。
属名の「Hardenbergia」は、英国人植物学者 Franziska, Countess von Hardenberg博士への献名です。種小名の「violacea」 は「バイオレット色の」という意味です。

一般名:ハーデンベルギア(Hardenbergia)、学名:Hardenbergia violacea 、別名:コマチフジ(小町藤)、ヒトツバマメ(一葉豆)、vine lilac(バイン・ライラック)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科ハーデンベルギア属 、原産地:オーストラリア 東部~タスマニア、樹高:30~150 cm、蔓長:2~3 m、葉身長:5~7 cm、葉形:卵状楕円形、葉序:互生、花序形:総状花序、花序長:10~15 cm、花色:青紫・白・桃・紫、花径:0.6~0.8 cm、開花期:3月~5月。

詳細情報

マメ
マメ
ハーデンベルギア
ロータス・ベルテロッティ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
ピンク, 紫, 白
開花時期
3月4月5月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
0.6 ~ 0.8

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

スズラン_img
変化朝顔 黄斑入蝉葉紅縞丸咲大輪(千羽鶴)_img
ハッサク_img
ラッキョウヤダケ_img
ユーカリ・マイデニー_img
オオムギ_img
シザンサス・ワイズトネンシス _img
東北八重ひまわり_img
エゾフウロ_img
モモヤマダイコン_img
ディジゴセカ_img
ミヤマリンドウ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved