コシジシモツケソウ

  • コシジシモツケソウ_img_0
    コシジシモツケソウ @ 日光植物園
  • コシジシモツケソウ_img_1
    コシジシモツケソウ @ 日光植物園

基本情報

花名
コシジシモツケソウ
英名
Filipendula multijuga
学名
Filipendula auriculata
別名
越路下野草, Filipendula auriculata
原産地
日本の日本海側
生活型
多年草

コメント

コシジシモツケソウとは

コシジシモツケソウ(越路下野草、学名:Filipendula auriculata )は、バラ科シモツケソウ属の多年草である「シモツケソウ(下野草、 Filipendula multijuga)」の日本海側山地に自生する種類です。長い葉柄の先に掌状の葉が付き、托葉が茎を抱きます。花茎から、初夏から夏に、散房花序を伸ばし小さな紅色の5弁花を沢山咲かせます。

一般名:コシジシモツケソウ(越路下野草)、学名:学名:Filipendula auriculata 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科シモツケソウ属コシジシモツケソウ種、原産地:日本、生息分布:日本海側、環境:山地のやや湿った場所、草丈:30〜100 cm、葉:根生葉と茎葉、葉柄:長い、葉序:互生、葉形:掌状、花序形:散房花序、花色:桃色、花弁:5枚、雄蕊数:多数、花径:0.4~0.5 cm、開花期:6月〜8月、果実型:袋果。

詳細情報

バラ
バラ
シモツケソウ
コシジシモツケソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
ピンク
開花時期
6月7月8月
高さ
30 ~ 100 [cm]
花径
0.4 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

イヌシデ_img
ホースラディッシュ_img
日本桜草 '妙知力'_img
ヒオウギアヤメ_img
コメツブツメクサ_img
オオバコ_img
キレハマメグンバイナズナ_img
タイリンアオイ_img
花菖蒲 ’小町娘’_img
キバナセツブンソウ_img
ポンカン_img
ニシキギ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved