サキガケアヤメ

  • サキガケアヤメ_img_0
    サキガケアヤメ @ 箱根湿生植物園
  • サキガケアヤメ_img_1
    サキガケアヤメ @ 箱根湿生植物園

基本情報

花名
サキガケアヤメ
英名
Iris unguicularis
学名
Iris unguicularis
別名
Iris unguicularis, Algerian iris, 魁あやめ
原産地
地中海~西アジア
生活型
耐寒性常緑多年草

コメント

サキガケアヤメとは

サキガケアヤメ(魁文目、魁綾目、学名: Iris unguicularis)は、地中海~西アジア原産で、アヤメ科の耐寒性常緑多年草です。山野に自生し、通常のアヤメより草丈が高く、開花期も早いです。葉の間から茎を伸ばし紫色~濃青色の花を2,3個ずつ次々に咲かせます。花の基部には黄色と紫色の綾目模様があります。白色品種「アルバ(Alba)」や、矮性品種「I. unguicularis subsp. cretensis」があり、'マリーバーナード(Mary Barnard)'は、2017年7月に英国王立園芸協会(Royal Horticultural Society)「ガーデンメリット賞」を受賞しました。

一般名:サキガケアヤメ(魁文目、魁綾目)、学名: Iris unguicularis、又名:Algerian iris、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目アヤメ科アヤメ属サキガケアヤメ種、原産地:地中海~西アジア、生活型:耐寒性多年草、草丈:70~100 cm、葉色:明緑色、葉形:剣形、葉長:60 cm、花色:紫、濃青色、白、花径:7~8 cm、開花期:4月下旬~6月、用途:庭植え、鉢植、切花。

詳細情報

キジカクシ
アヤメ
アヤメ
サキガケアヤメ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
あやめ形
葉のタイプ
剣形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道切り花・生け花植物園鉢花
青, 紫, 白
開花時期
4月5月6月
高さ
70 ~ 100 [cm]
花径
7 ~ 8

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ヒメヒオウギズイセン_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ザルギク_img
カンザン_img
カンガルーポー_img
コヤスドウダン_img
イチジク_img
ベニバナインゲン_img
ヒメノウゼンカズラ_img
ナガハアデク_img
コメツブツメクサ_img
ムラサキハナナ_img
カボチャ_img
プテロスティリス・ナナ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved