かぎけん花図鑑

アゼトウナ

基本情報
花名
アゼトウナ
英名
Crepidiastrum keiskeanum
学名
Crepidiastrum keiskeanum
別名
畔唐菜, Crepidiastrum
原産地
日本
生活型
多年草
コメント
アゼトウナ(畔唐菜、学名:Crepidiastrum keiskeanum)は、日本原産で、キク科アゼトウナ属の多年草です。本州の伊豆半島以西〜九州の太平洋沿岸の海岸岩場に自生します。草丈は10 cmと低く、根を張り岩場にしがみ着きます。根性葉がロザッタ状に広がります。茎葉は肉厚のヘラ状で葉縁に鈍い鋸歯があります。主幹の葉腋から出た側枝が少し這った後、斜上しその先端から散房状花序が伸びます。秋から冬に、花序に黄色い小さな頭花が密に咲きます。花は14枚程の花弁と、14本程の雄蕊、1本の雌蕊から構成されます。各花弁の先端には4つの浅いギザギザがあります。属名の ”Crepidiastrum” は「crepis(クレピス属)+astrum(に似ている)」から、種小名の ”keiskeanum” は「Keisuke Ito」植物学者 伊藤圭介氏への献名です。花言葉は「変わらぬ愛」。
ワダン(海菜、学名:Crepidiastrum platyphyllum)と似ています。両者の違いは、アゼトウナは草丈が低いのに対し、ワダンは草丈が高いです。
アゼトウナ(畔唐菜)の画像はかぎけんwebに多数ありますので併せてご覧ください。
一般名:アゼトウナ(畔唐菜)、学名:Crepidiastrum keiskeanum、分類名:植物界被子植物門双子葉類キク目キク科アゼトウナ属、原産地:日本、分布:本州の伊豆半島以西から、九州の太平洋沿岸、環境:海岸の岩場、草丈:10 cm 根生葉:ロゼット状、葉は肉厚でへら状、鋸歯:鈍い鋸歯有り、葉序:互生、花色:黄、花冠:頭花、開花期:10月〜12月、花径:1〜1.5 cm。
詳細情報
キク
キク
アゼトウナ
アゼトウナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
頭花
葉のタイプ
へら形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
海岸
開花時期
10月 11月 12月
高さ
10  ~ 10  [cm]
花径
1  ~ 1.5