アキチョウジ

  • アキチョウジ_img_0
    アキチョウジ @ 準備中

基本情報

花名
アキチョウジ
英名
Isodon longitubus
学名
Isodon longitubus
別名
キリツボ, 桐壺, Trumpet spurflower, Rabdosia longituba, Plectranthus longitubus, 秋丁字
原産地
日本
生活型
多年草

コメント

アキチョウジとは

アキチョウジ(秋丁字、学名:Isodon longitubus)は、日本原産で、シソ科ヤマハッカ属の多年草です。秋に、青紫色の口唇形の花を咲かせます。本州岐阜以西~九州の日本の山地の木陰に生息します。 茎は四角形で茎先や葉腋から花穂を出し細長い筒状の先が2つに割れた口唇形の花を咲かせます。 花名は秋に丁字形の花を咲かせることに因ります。
似た花にセキヤノアキチョウジ(関屋の秋丁子、学名:Isodon effusus)があります。秋丁字(I. longitubus)が西日本に生息し、花柄が短いのに対し、関屋の秋丁子(I. effusus)は東日本の分布し、花や花柄、葉が比較的長いです。

一般名:アキチョウジ(秋丁字)、学名:Isodon longitubus、別名:キリツボ( 桐壺) 、长管香茶菜、trumpet spurflower、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目シソ科ヤマハッカ属、生息分布:本州岐阜以西~九州の日本、環境:山地の木陰、生活型:多年草、草丈:60~100 cm、茎形:四角形、葉形:狭卵形、葉序:対生、花色:青紫、開花期:8月~10月、花冠の形:細長い筒先が2つに割れた口唇形、上唇:4裂、下唇:舟形、花冠長:2 cm、萼:上3裂、下2裂。

詳細情報

シソ
シソ
ヤマハッカ
アキチョウジ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
青, 紫
開花時期
8月9月10月
高さ
60 ~ 100 [cm]
花径
1.4 ~ 1.8

アクセスランキング(日別)

カサブランカ_img
シャコバサボテン_img
ホウキギ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

アサガオ '万博藤霞絞り'_img
クイーンズランドボトルツリー_img
ダイコン_img
キクイモ_img
ソリダゴ_img
ミディコチョウラン 'ナオミゴールド'_img
オタカラコウ_img
アイチアカ_img
熱帯睡蓮 ’ミセスエドワードホイテッカー’_img
オニブキ_img
ユスラヤシ_img
カンツバキ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved