アリサンヒメバラン

  • アリサンヒメバラン_img_0
    アリサンヒメバラン @ 新宿御苑温室

基本情報

花名
アリサンヒメバラン
英名
Peliosanthes macrostegia
学名
Peliosanthes macrostegia
別名
ペリオサンテス・アリサネンシス, Peliosanthes macrostegia, 阿里山姫葉蘭, Peliosanthes arisanensis
原産地
台湾
生活型
常緑多年草

コメント

アリサンヒメバランとは

アリサンヒメバラン(阿里山姫葉蘭、学名:Peliosanthes macrostegia)は台湾原産でキジカクシ科シマバラン属の常緑多年草です。春から初夏に、花茎から総状花序を伸ばし、紫色の花弁で先端が黄色い小さな釣り鐘状の花を下向きに咲かせます。花後に球形の青い果実が疎らに成ります。ひたすら幅広い長楕円形の葉っぱが目立ちます。花名の由来は、原産地の台湾の阿里山(Alishan)に因みます。似た植物に、別属(ハラン属)のハラン(葉蘭、学名: Aspidistra elatior)があります。

一般名:アリサンヒメバラン、学名:Peliosanthes macrostegia、シノニム:Peliosanthes arisanensis、別名:ペリオサンテス・アリサネンシス(Peliosanthes arisanensis)、分類名:植物界被子植物単子葉類キジカクシ目キジカクシ科シマバラン属アリサンヒメバラン種、原産地:台湾、中国、環境:林内、生活型:常緑多年草、株高:30〜50 cm、葉形:長楕円形、葉柄長:20 cm、葉幅:7 cm、花序形:総状花序、花色:紫色で花弁先端が黄色、花形:鐘形、花の咲き方:下向き、開花期:4月〜6月、花径:1 cm、果実形:球形、果実色:青、結実期:7月〜9月、用途:温室の下植え。

詳細情報

キジカクシ
キジカクシ
シマバラン
アリサンヒメバラン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
観葉植物
開花時期
4月5月6月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
0.7 ~ 1

アクセスランキング(日別)

テルテモモ_img
オウコチョウ_img
ピーマン_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ジャマイカ・ポインセチア_img
ミヤコワスレ_img
薔薇ガルテンツァーバー’84_img
シホウチク(四方竹)_img
ゴマ_img
ケナフ_img
コウヤマキ_img
バンダ・サンサイブルー_img
シロバナイワタバコ_img
オオバコ_img
ヒメリュウキンカ "サーモンス・ホワイト"_img
スイレンボク_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved