ハラン

Aspidistra elatior

  • ハラン
  • ハラン
  • ハラン
  • ハラン
  • 花名
    ハラン
  • 学名
    Aspidistra elatior
  • 別名葉蘭, Cast-iron Plant
  • 原産地日本、中国
  • 開花場所庭, 観葉植物
  • 開花期3月, 4月, 5月
  • 花言葉「強い心」

ハランとは

ハラン(葉蘭、学名:Aspidistra elatior)は、日本、中国原産で、キジカクシ科ハラン属の常緑多年草です。地下茎が発達して群落をつくります。葉柄の長い大きな緑色の葉を多数出します。葉が長く葉幅があるので、葉を寿司や刺身などの皿代わり、盛り花の添え物に使います。春に紫色の花を地面すれすれに咲かせます。
似た葉を持つ植物に、別属ですが、アリサンヒメバラン(阿里山姫葉蘭、学名:Peliosanthes macrostegia)があります。

一般名:ハラン(葉蘭) 、学名:Aspidistra elatior、別名:Cast-iron Plant、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目キジカクシ科ハラン属 、生活型:常緑多年草、葉色:緑、葉質:光沢とやや厚みあり、 葉形:長楕円形、葉長:50 cm、用途:観葉植物、寿司等の皿替わり。


  • キジカクシ
  • キジカクシ
  • ハラン
  • ハラン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    壺形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 50.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花