イカリソウ

  • イカリソウ_img_0

    イカリソウ @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
イカリソウ
英名
Horny goatweed
学名
Epimedium grandiflorum
別名
三枝九葉草, horny goatweed, 錨草, barrenwort, bishop's hat, fairy wings, Ikarisou
原産地
日本
生活型
落葉多年草

コメント

イカリソウ(錨草、学名:Epimedium grandiflorum)は日本原産でメギ科イカリソウ属の落葉多年草です。東北地方南部以南〜四国の山地に自生します。花名は、距のある花形が舟の碇に例えられたことに拠ります。葉は2回3出複葉で、卵形の小葉は先端が尖ります。春に、花茎から総状花序を伸ばし赤紫色の距のある4弁花を咲かせます。イカリソウとバイカイカリソウの自然交雑種にヒメイカリソウ(姫碇草)があります。

一般名:イカリソウ(碇草)、学名:Epimedium grandiflorum 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目メギ科イカリソウ属 、原産地:日本 、生息分布:東北地方南部以南〜四国、生活環境:山地、別名:三枝九葉草、horny goatweed、barrenwort、bishop's hat、fairy wings 、生活型:落葉多年草、草丈:30〜50cm、葉質:紙質、葉形:2回3出複葉、小葉形:卵形で先が尖る、葉縁:細かい鋸歯・刺毛有り、花序形:総状花序、花径:2〜3cm、花弁数:4枚、距:有り、花色:赤紫、開花期:4〜5月、萼片数:8枚(開花時に4枚落ちる)、雄蕊数:4本、雌蕊数:1本、用途:鑑賞用、生薬

詳細情報

キンポウゲ
メギ
イカリソウ
イカリソウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
かぶと状/有距形
葉のタイプ
2回3出羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
赤, 紫
開花時期
4月5月
高さ
30 ~ 50 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

アイスランドポピー_img
ホワイト・バット・フラワー_img
ノウゴウイチゴ_img
ベニバナ_img

ランダムな花

ビロードサンシチ_img
シュンラン_img
アメリカイワナンテン'レインボー'_img
オドンチオダ・マリー・ノエル‘ベラノ'_img
ピラカンサ_img
サツマイモ_img
ベニバナボロギク_img
ストロベリー グアバ_img
エゾリンドウ_img
ルピナス_img
コメツブウマゴヤシ_img
額紫陽花 ポージーブーケ ケーシィ _img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved