かぎけん花図鑑

イリシウム・ランセオラツム

基本情報
花名
イリシウム・ランセオラツム
英名
Ilicium lanceolatum
学名
Ilicium lanceolatum l.
別名
イリキウム・ランセオラツム, Ilicium lanceolatum
原産地
中国
生活型
常緑低木
コメント
イリシウム・ランセオラツム(Ilicium lanceolatum)は中国原産でシキミ科イリシウム属の常緑低木です。晩春に濃紅色の小花を咲かせます。葉に光沢があり、アニス香があります。同属にシキミ(樒、学名:Ilicium religiosum)があります。
一般名:イリシウム・ランセオラツム(Ilicium lanceolatum)、学名:Ilicium lanceolatum(イリシウム・ランセオラツム)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アウストロバイレヤ目マツブサ科シキミ属、別名:イリキウム・ランセオラツム(Ilicium lanceolatum)、原産地:中国、生活型:常緑広葉低木、樹高:3~10m、単葉、葉形:楕円形、葉序:互生、葉柄:有、葉縁:全縁、単頂花序、両性花、花の出る場所:葉腋、花色:紅、花被片数:10~15枚、花径:2~3cm、開花期:3月~4月、果実型:袋果の集合体。
詳細情報
アウストロバイレヤ
マツブサ
シキミ
イリシウム・ランセオラツム
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園
開花時期
3月 4月
高さ
300  ~ 1000  [cm]
花径
2  ~ 3