オランダセンニチ

  • オランダセンニチ_img_0

    オランダセンニチ @ 品川水族館

  • オランダセンニチ_img_1

    オランダセンニチ @ 品川水族館

  • オランダセンニチ_img_2

    オランダセンニチ @ 品川水族館

基本情報

花名
オランダセンニチ
英名
toothache plant
学名
Acmella oleracea
別名
ハトウガラシ, 阿蘭陀千日, 葉唐辛子, Spilanthes, Toothache plant
原産地
インドなどの東南アジア
生活型
耐寒性多年草

コメント

オランダセンニチ(阿蘭陀千日、学名: Acmella oleracea)は、インドなどの東南アジア原産でキク科キク属の耐寒性多年草です。細い花枝先端にボンボンのような可愛らしい卵形の管状花からだけから成る丸い頭花をつけます。花は黄色で、頂部が褐色をしています。辛み成分スピラントール(Spilanthol)が含まれており食味はピリッと辛いです。ご存知の通り、葉を佃煮にするハトウガラシ(葉唐辛子)です。観賞用に栽培されますが、花と葉は香辛料や、リウマチ、通風、歯痛に効く民間薬の材料ともされます。頭花の形から英名では「Egg ball」、歯の痛みを軽減することから 'Toothache plant' と呼ばれます。花が黄色だけのキバナオランダセンニチ(黄花阿蘭陀千日)もあります。花名の由来は、花の形が丸い「センニチコウ(千日紅)」と似ており、外来種であることから。

一般名:オランダセンニチ(阿蘭陀千日)、学名: Acmella oleracea、シノニム:Spilanthes acmella(スピランテス・アクメラ)、別名:ハトウガラシ(葉唐辛子)、Toothache plant、Spilanthes(スピランテス)、エッグボール(Egg ball)、タマゴボール(卵 ball)、分類名:植物界被子植物類真正双子葉類キク目キク科スピランテス属スピランテス・アクメラ種、原産地:インドなどの東南アジア、草丈:30~40 cm、葉序:対生、葉形:卵形、葉色:緑、葉縁:浅い鋸歯、花色:黄色+茶色、花径:2 cm、開花期:7月-9月。

詳細情報

キク
キク
スピランテス
スピランテス・アクメラ
花言葉
移り気 / Fickle (07月16日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
管状形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
植物園
茶, 黄
開花時期
7月8月9月
高さ
30 ~ 40 [cm]
花径
2 ~ 2

アクセスランキング(日別)

アイスランドポピー_img
ホワイト・バット・フラワー_img
ノウゴウイチゴ_img
ベニバナ_img

ランダムな花

ツバキ シボリオトメ_img
フモトシダ_img
センダイハギ_img
ノボタン_img
ヘラオオバコ_img
オニシモツケ_img
マコモ_img
オカタツナミソウ_img
ハルノナナクサ_img
ハイマツ_img
ラクウショウ_img
トウダイグサ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved