カンパニュラ・ポシャルスキャナ

  • カンパニュラ・ポシャルスキャナ_img_0
    カンパニュラ・ポシャルスキャナ @ 清澄白河

基本情報

花名
カンパニュラ・ポシャルスキャナ
英名
Serbian bellflower
学名
Campanula posharskyana
別名
カンパニュラアルペンブルー, Campanula posharskyana, ホシギキョウ, 星桔梗, Serbian bellflower, Trailing bellflower
原産地
ユーゴスラビア
生活型
耐寒性多年草

コメント

カンパニュラ・ポシャルスキャナとは

カンパニュラ・ポシャルスキャナ(Campanula posharskyana)は、ユーゴスラビア原産で、キキョウ目キキョウ科ホタルブクロ属の耐寒性多年草です。和名ではホシギキョウ(星桔梗)と呼ばれます。茎が長く下垂して、枝から薄紫色の小さな五弁花を多数咲かせます。性質は丈夫で、日向で水はけのよい土を好みます。吊り鉢や、花壇の寄せ植えに使われます。園芸品種に、'Alpen blue' などがあります。

一般名:カンパニュラ・ポシャルスキャナ(Campanula posharskyana)、学名:Campanula posharskyana(カンパニュラ・ポシャルスキャナ)、別名:ホシギキョウ(星桔梗)、カンパニュラ・ 'アルペンブルー'(Campanula 'alpen-blue')、Serbian bellflower(セルビアン・ベルフラワー), trailing bellflower(トレイリング・ベルフラワー)、カンパニュラポシャルスキアナ、ポシャルスキアーナ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キキョウ科ホタルブクロ属、原産地:ユーゴスラビア、草丈:15cm〜50cm、葉縁:鋸歯有り、葉序:互生、花序形:疎らな円錐花序、花冠:鐘形で先端が5裂、開花時期:3月〜9月、花色:薄紫、花径:2.5~3cm。

詳細情報

キク
キキョウ
ホタルブクロ
カンパニュラ・ポシャルスキャナ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
3月4月5月6月7月8月9月
高さ
15 ~ 50 [cm]
花径
2.5 ~ 3

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
ホワイトパウダーパフ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ピンオーク_img
ヨウシュイブキジャコウソウ_img
ピタンガ _img
シャクジョウソウ_img
トウワタ ‘シルキーゴールド’ _img
ベニスジヤマユリ_img
ノリウツギ_img
カラスノエンドウ_img
オカメザクラ_img
デルフィニウム・マジック・ファウンテン_img
コクチナシ_img
ローダンセ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved