フリージア

Freesia refracta

  • フリージア
  • フリージア
  • フリージア
  • フリージア
  • フリージア
  • フリージア
  • フリージア
  • フリージア
  • 花名
    フリージア
  • 学名
    Freesia refracta
  • 別名Freesia, 浅黄水仙, 香雪蘭
  • 原産地南アフリカ のケープ地方
  • 開花場所庭, 切り花・生け花, 鉢花
  • 開花期3月, 4月
  • 花言葉「純潔」「友情」「信頼」、白:「あどけなさ」、赤:「純潔」

フリージアとは

フリージア(Freesia、学名:Freesia refracta)は、南アフリカ原産で、アヤメ科フリージア属の半耐寒性球根植物です。春に、曲がった花茎から穂状花序を伸ばし漏斗状の小花を6~10輪咲かせます。葉は根元から出ます。アヤメ科なので、ハナショウブ(花菖蒲、学名:Iris ensata var. ensata)と似た、細長い葉を持ち、葉先は尖っています。多数の園芸品種(Freesia x hybrida)が育種されています。

【花言葉】
「純潔」「友情」「信頼」、白花は「あどけなさ」、赤花は「純潔」、紫色花は「憧れ」、黄色は「無邪気」。

一般名:フリージア(Freesia)、学名:Freesia refracta、別名:アサギズイセン(浅黄水仙)、コウセツラン(香雪蘭)、ショウブスイセン(菖蒲水仙)、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱キジカクシ目アヤメ科フリージア属、原産地:南アフリカ、生活型:半耐寒性球根植物、草丈:30~60 cm、花径:1~2.5 cm、花弁数:6、花冠:漏斗状、花色:赤・黄・白・ピンク・橙・紫・青、 花期:3月~4月、花の咲き方:一重咲き・八重咲き、葉色:緑、用途:切り花。庭植え、鉢植え。


  • キジカクシ
  • アヤメ
  • フリージア
  • フリージア
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    剣形
  • 葉縁
    全縁
  • 生活型半耐寒性球根植物
  • 花の色白 赤 桃 紫
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 60.0 cm
  • 花径1.0 ~ 2.5 cm

ランダムな花