かぎけん花図鑑

キャンドルブッシュ

基本情報
花名
キャンドルブッシュ
英名
Candle Bush
学名
Senna alata
別名
ハネセンナ, Candle bush, 羽根センナ
原産地
西インド諸島、熱帯アメリカ
生活型
落葉低木
コメント
キャンドルブッシュ(Candle bush、学名:Senna alata)とは、西インド諸島や熱帯アメリカ原産で、マメ科カワラケツメイ属の落葉低木です。樹は横に広がります。葉は大きく羽状複葉です。花茎先端に30cm位の総状花序を伸ばし、黄花を咲かせます。花序形がキャンドルのように見えるのが名前の由来です。マメ科ですが、花はマメ科に特有の口唇形ではなく、五弁花です。花後に成る果実は豆果で、対の翼があり、別名でハネセンナ(羽根センナ)と呼ばれます。花木を観賞用や日除けにする他、葉を皮膚病や下剤、駆虫薬として用います。全体に「センノシド」と呼ばれる成分が含まれます。葉が健康茶の一部に含まれるものがあり、国民生活センターによると、「大量に飲んだ場合、下痢や腹痛を起こす恐れがある」とされ注意が呼び掛けられました。
一般名:キャンドルブッシュ(Candle bush)、学名:Senna alata、シノニム:Cassia alata、別名:ゴールデンキャンドル(Golden candle)、カッシア・アラタ(Cassia alata)、ハネセンナ(羽根センナ)、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱マメ目マメ科カワラケツメイ属キャンドルブッシュ種、原産地:西インド諸島や熱帯アメリカ、日本での分布:奄美大島以南、生活型:落葉低木、樹高:2~4 m、葉色:緑色、葉形:幅広の偶数羽状複葉、葉長:15 cm、葉幅:8 cm、葉序:対生、小葉の形:長楕円形で先端は丸い、花色:鮮黄色、花序形:総状花序、花長:30 cm、小花径:4cm、開花期:6月~11月。
詳細情報
マメ
マメ
カワラケツメイ
キャンドルブッシュ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
偶数羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
6月 7月 8月 9月 10月 11月
高さ
200  ~ 400  [cm]
花径
4  ~ 4