かぎけん花図鑑

アツミゲシ

基本情報
花名
アツミゲシ
英名
Papaver setigerum
学名
Papaver setigerum
別名
Setigerum, ケシ, Wild poppy, 渥美罌粟, 罌粟
原産地
アフリカ
生活型
一年草
コメント
アツミゲシ(渥美罌粟、学名:Papaver setigerum)は、アフリカ原産で、ケシ科ケシ属の一年草です。セティゲルム種とも呼ばれます。
日本では渥美半島で発見された帰化植物なので、その名が付けられました。春から初夏に、花弁基部が濃紫色で、花弁が薄紫色の四弁花を咲かせます。
アヘン生成記録はありませんが、アルカロイドの抽出が可能です。阿片ケシ(英名は、Opium poppy)の一つとされ、ソムニフェルム種と同様、あへん法で栽培が禁止されているケシの一種です。
■事件性のあるケシ植物
渥美罌粟(学名:Papaver setigerum)、袴鬼罌粟(ハカマオニゲシ、Papaver bracteatum)
一般名:アツミゲシ(渥美罌粟)、学名:Papaver setigerum(セティゲルム) 、別名:セティゲルム(setigerum)、Wild poppy(ワイルドポピー)、分類属名:植物界被子植物真正双子葉類ケシ目ケシ科ケシ属アツミゲシ種、原産地:アフリカ、 草丈:60~100 cm、 花径:5~6 cm、開花期:5~6月、花色:薄紫。
詳細情報
キンポウゲ
ケシ
ケシ
アツミゲシ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
杯形
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
特定の地域
開花時期
5月 6月
高さ
60  ~ 100  [cm]
花径
5  ~ 6