かぎけん花図鑑

コウリンタンポポ

基本情報
花名
コウリンタンポポ
英名
Orange hawkweed
学名
Hieracium aurantiacum l.
別名
エフデタンポポ, エフデギク, 絵筆蒲公英, 絵筆菊, 紅輪蒲公英, ヒエラシウム, Fox-and-cubs, Orange Hawkweed, Orange hawkweed
原産地
ヨーロッパ
生活型
多年草
コメント
コウリンタンポポ(紅輪蒲公英、学名:Hieracium aurantiacum L.)は、ヨーロッパ原産でキク科の多年性の帰化植物です。明治時代に日本に渡来しました。初夏から夏に、野原で人目を引く朱赤の小花を数個、ひょろ長い花茎の先端に付けます。北海道の野原や道端に多数繁殖しています。根生葉をロゼット状に出し、蕾や茎、葉に多数の毛があります。タンポポ(蒲公英)と似ているので花名の一部にタンポポと付きますが、別属です。コウリンタンポポはヤナギタンポポ属で、タンポポはタンポポ属の植物です。
一般名:コウリンタンポポ(紅輪蒲公英)、学名:Hieracium aurantiacum L.(ヒエラシウム)、別名:Orange hawkweed 、エフデタンポポ(絵筆蒲公英)、エフデギク(絵筆菊)、Fox-and-cubs、Orange Hawkweed、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱キク目キク科ヤナギタンポポ属コウリンタンポポ種、原産地:ヨーロッパ、生活型:多年草、草丈:30〜50cm、 根生葉形:ヘラ型、 葉縁:全縁、花序形:総状花序、花冠:多弁花、花色:朱、開花期:6月〜8月、花径:1.5〜2 cm。
詳細情報
キク
キク
ヤナギタンポポ
コウリンタンポポ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
多弁形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
6月 7月 8月
高さ
30  ~ 50  [cm]
花径
1.5  ~ 2