かぎけん花図鑑

カエンボク

基本情報
花名
カエンボク
英名
African Tulip Tree
学名
Spathodea campanulata
別名
African Tulip Tree, Fountain Tree, 火焔木
原産地
西アフリカ
生活型
常緑高木
コメント
カエンボク(火焔木、学名:Spathodea campanulata)はアフリカ原産で、ノウゼンカズラ科スパトデア属の常緑高木です。英名は、African Tulip Tree(アフリカン・チューリップ・ツリー)です。枝先から花序を伸ばし、朱赤で炎のようなチューリップ形の花をつけます。ハワイなどの暖かい地域では一年中花が咲いています。花色には代表的な朱赤の他、黄色もあります。 花後に長さ20cmほどの果実をつけます。カエンボクと、ジャカランダ(Jacaranda、学名:Jacaranda mimosifolia)、 ホウオウボク(鳳凰木、学名:Delonix regia)は世界3大花木(熱帯樹)とされます。

一般名:カエンボク(火焔木) 、学名:Spathodea campanulata、別名:アフリカン・チューリップ・ツリー(African Tulip Tree)、 Fountain Tree、Flame-of-the-forest、Nandi Flame、分類名:分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目ノウゼンカズラ科カエンボク属カエンボク種、原産地:Palisot Beauvois(ゴールドコースト、アフリカ) 、樹高:10~25m、葉形:羽状複葉、葉色:薄緑→濃緑、放射総称花、合弁花、花序:散房花序、花序長:7~8 cm、花形:釣鐘形、開花期:3月~8月、周年(原産地)、ハチドリによる媒介、果実型:莢状、果実長:20 cm、果実形:中央が黄色で周囲が白、さらにその周辺が透明の円盤状、用途:公園樹、街路樹。
詳細情報
シソ
ノウゼンカズラ
カエンボク
カエンボク
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
(亜)熱帯地域 街路、植栽 植物園 沖縄
橙, 黄
開花時期
3月 4月 5月 6月 7月 8月
高さ
1000  ~ 2500  [cm]
花径
7  ~ 8