かぎけん花図鑑

チャービル

基本情報
花名
チャービル
英名
Chervil
学名
Anthriscus cereifolium
別名
Chervil, セルフィーユ, ウイキョウゼリ, French parsley, garden chervil
原産地
ヨーロッパ、西アジア、ロシア南部
生活型
耐寒性一年草
コメント
チャービル(Chervil、学名:Anthriscus cereifolium)は、ヨーロッパ、西アジア、ロシア南部原産で、セリ科シャク属の耐寒性一年草です。葉は回羽状複葉です。夏に、散形花序を伸ばし白い小花を咲かせます。葉は柔らかく、鮮緑色をしていて切れ込みがあります。葉は、料理用ハーブとして、サラダや、スープ、ソース等に用いられます。また、消化や、血液浄化、発汗作用に対する薬効があるとされます。
一般名:チャービル(Chervil)、学名:Anthriscus cereifolium、別名:French parsley 、 garden chervil 、セルフィーユ、ウイキョウゼリ(茴香芹)、ガーデンチャービル、分類名:植物界被子植物真正双子葉類セリ目セリ科シャク属、原産地:ヨーロッパ、西アジア、ロシア南部、草丈:30〜0.2~60cm、葉形:3回羽状複葉、葉色:淡緑、観賞期:11月〜翌8月、花序形;散形k序、開花期:6月〜7月、花色:白、花:五弁花、小花径:0.2~0.3 cm、花序径:2.5~5 cm、果実形:卵形、果実径:1 cm。
詳細情報
セリ
セリ
シャク
チャービル
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
3回羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
畑 植物園
開花時期
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 11月 12月
高さ
30  ~ 60  [cm]
花径
0.2  ~ 0.3