トラデスカンチア・アンダーソニアナ

  • トラデスカンチア・アンダーソニアナ_img_0

    トラデスカンチア・アンダーソニアナ @ 錦糸町

基本情報

花名
トラデスカンチア・アンダーソニアナ
英名
Tradescantia andersoniana
学名
Tradescantia x andersoniana
別名
Tradescantia andersoniana, トラデスカンチア, トラディスカンティア, アンダーソンムラサキツユクサ
原産地
園芸品種
生活型
多年草

コメント

トラデスカンチア・アンダーソニアナ(学名:Tradescantia andersoniana)は、園芸品種で、ツユクサ科トラデスカンティア属の多年生湿生草本植物です。北米原産のオオムラサキツユクサ(大紫露草、学名:Tradescantia virginiana)と、北米原産のムラサキツユクサ(紫露草、学名:Tradescantia ohiensis)を交配した園芸品種です。夏に、茎先に可憐な青紫色の3弁花を咲かせます。 アルバはその白色花品種です。 日本に自生するツユクサ(露草、学名:Commelina communis)と名前が似ていますが、ツユクサは同科別属(ツユクサ属)の植物です。

一般名:トラデスカンチア・アンダーソニアナ(Tradescantia andersoniana)、学名:Tradescantia andersoniana 、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱サトイモ目ツユクサ科トラデスカンティア属、又名:アンダーソンムラサキツユクサ、原産地:園芸品種、北米、草丈:50~90cm 、葉色:緑色、開花期:6月~10月、花色:紫・白(アルバ)、花径:5cm(三角形の1辺の長さ)。

詳細情報

ツユクサ
ツユクサ
トラデスカンティア
トラデスカンチア・アンダーソニアナ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
集散花序
花弁の形
3弁花
葉のタイプ
披針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
紫, 白
開花時期
6月7月8月9月10月
高さ
50 ~ 90 [cm]
花径
5 ~ 5

アクセスランキング(日別)

キジカクシ_img
ホワイトパウダーパフ_img
クラスペディア_img
キングプロテア_img

ランダムな花

コドナンテ・グラキリス_img
no-image
ローズマリー_img
ヨモギギク_img
ヒマラヤユキノシタ_img
木立性ベゴニア・ジムウィルツェン_img
チンゲンサイ_img
ホトトギス_img
ブッシュカン_img
球根ベゴニア  'サンバーストピコティ'_img
マユミ_img
ミラクルフルーツ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved