ヤマホタルブクロ

  • ヤマホタルブクロ_img_0
    ヤマホタルブクロ @ 皇居二の丸公園
  • ヤマホタルブクロ_img_1
    ヤマホタルブクロ @ 皇居二の丸公園
  • ヤマホタルブクロ_img_2
    ヤマホタルブクロ @ 白山自然高山植物園
  • ヤマホタルブクロ_img_3
    ヤマホタルブクロ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
ヤマホタルブクロ
英名
Campanula hondoensis
学名
Campanula punctata var. hondoensis
別名
チョウチンバナ, 山蛍袋, 提灯花, ホンドホタルブクロ
原産地
日本
生活型
耐寒性多年草

コメント

ヤマホタルブクロとは

ヤマホタルブクロ(山蛍袋、学名:Campanula punctata var. hondoensis )は日本固有変種で、キキョウ科ホタルブクロ属の耐寒性多年草です。ホタルブクロの変種です。日本では東北から近畿までの本州の、山地や林縁に自生します。梅雨時から初夏に、赤紫色~淡紅色や、白花を咲かせます。花は放射相称、釣鐘型の合弁花で花の先端部が5つに分かれます。同属で似た花にホタルブクロ(蛍袋、学名:Campanula punctata)があります。ヤマホタルブクロとホタルブクロの違いは、萼裂片の間に上へ反り返った付属物が有るか無いかで判定します。ヤマホタルブクロには上へ反り返る付属物が無く、ホタルブクロには付属物が有ります。ヤマホタルブクロの萼片の間は盛り上がっています。

一般名:ヤマホタルブクロ(山蛍袋)、
学名:Campanula punctata var. hondoensis (カンパニュラ・プンクタータ)、
別名:ホンドホタルブクロ、チョウチンバナ(提灯花)、カンパニュラ・プンクタータ(Campanula punctata)、Yamahotalbukuro、
シノニム:Campanula hondoensis 、
分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キキョウ科ホタルブクロ属ヤマホタルブクロ種、
原産地:日本、生息分布:東北〜近畿までの本州、環境:山地、林縁、
草丈:30〜80cm、花序:穂状花序、開花期:6月〜7月、花色:赤紫色〜淡紅色・白、花径:3cm

詳細情報

キク
キキョウ
ホタルブクロ
ヤマホタルブクロ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
波状
鑑賞場所
低山
赤, 紫, 白
開花時期
6月7月
高さ
30 ~ 80 [cm]
花径
3 ~ 3

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
ボダイジュ_img

ランダムな花

アルペン・アスター_img
アップルグリーン・プロテア_img
ラベンダーデンタータ _img
ジュズサンゴ_img
クサトベラ_img
タツナミソウ_img
オーニソガラム・アラビカム_img
花菖蒲  ’汐煙’_img
ヘリクリサム・ペティオラレ_img
ソバナ_img
大菊 「木の松山」_img
サワラ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved