ヨウシュヤマゴボウ

  • ヨウシュヤマゴボウ_img_0
    ヨウシュヤマゴボウ @ 木場公園

基本情報

花名
ヨウシュヤマゴボウ
英名
Phytolacca american
学名
Phytolacca americana
別名
アメリカヤマゴボウ, ポークウィード , インクベリー, Ink berry, Pokeweed, 洋種山牛蒡
原産地
北米
生活型
耐寒性多年草

コメント

ヨウシュヤマゴボウとは

ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡、学名:Phytolacca americana)は、北米から帰化したヤマゴボウ科の大型の耐寒性多年草です。枝は赤く、羽毛が生えています。葉は緑色で長楕円形です。梅雨から夏に、花茎から伸びた総状花序に白花(のようなもの)を咲かせます。実際には花弁は無く、5弁花のような5枚の萼花弁があります。花後に、垂下した濃赤紫色の果実が成り、果実から真紅の染料が採れるので、米国ではインクベリー(ink berry)と呼ばれます。薬効がありますが、特に根に毒性が強いです。スーパー等でたまり漬けでヤマゴボウ(山牛蒡)として売られているものは、別物です。

一般名:ヨウシュヤマゴボウ(洋種山牛蒡)、学名:Phytolacca americana 、別名:インクベリー(ink berry)、ポークウィード(pokeweed)、アメリカヤマゴボウ(亜米利加山牛蒡)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目ヤマゴボウ科ヤマゴボウ(フィットラッカ)属 、原産地:北米 、生活型:耐寒性多年草、草丈:100~200cm、茎:赤みを帯びた円柱形で上部でよく分枝、葉長:10~30 cm、葉序:互生、葉形:長楕円形、葉縁:全縁、両性花、離弁花、花序径:総状花序、花序長:10 cm、花冠形:5弁花、花色:白、花径:0.5~0.6 cm、萼片数:5個、雄蕊数:10~15、雌蕊数:1、子房:緑色球形、開花期:6月~8月、果実型:液果、果実色:濃赤紫~黒紫色、果実径:0.8 cm。

詳細情報

ナデシコ
ヤマゴボウ
ヤマゴボウ
ヨウシュヤマゴボウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
植物園
開花時期
6月7月8月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
0.5 ~ 0.6

アクセスランキング(日別)

ヒメヒオウギズイセン_img
オンブー_img
オウコチョウ_img
コウシンバラ_img

ランダムな花

ウサギゴケ_img
ホウレンソウ_img
ペチュニア 'キリン ウェーブ ブルー' _img
ウスズミザクラ_img
ブナ_img
ムラサキツユクサ_img
シクラメン_img
パッションフルーツ パンダ_img
コバノタツナミ_img
山紫陽花 '肥後絞'_img
リシリヒナゲシ_img
ウチワサボテン_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved